1月 28, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日銀がイールドカーブのコントロールを変更し、驚くべき金融政策で市場を揺るがす


東京
ロイター

日銀は火曜日、長期金利のさらなる上昇を可能にする債券利回りの規制を予想外に調整し、市場に衝撃を与えた。

株価は下落し、円と債券の利回りは上昇した。これにより、日本銀行は4月に黒田東彦総裁が辞任するまでイールドカーブコントロール(YCC)を変更しないと推測していた外部投資家を遠ざけた。

休眠状態の債券市場の活性化を目的とした動きとして、日銀は 10 年物利回りを 0% の目標の両側に 50 ベーシス ポイント移動させることを決定しました。

しかし、中央銀行は利回り目標を変更せず、債券購入を大幅に増やすと述べ、この動きは刺激策の撤回ではなく、現在の超緩和的な金融政策への調整であることを示しています。

ステート・ストリートの支店長であるバート・ワカバヤシ氏は、「おそらくこれは、戦略をテストし、市場がどのように反応するか、それがどれほど反応的であるかを確認するための小さなステップです。 「水の中に最初のつま先が見えると思います。」

広く予想されていたように、日銀は、火曜日に終了した 2 日間の政策会議で、短期金利を-0.1%、10 年国債利回りをほぼゼロに設定した YCC の目標を変更しませんでした。

日銀はまた、日本国債(JGB)の毎月の購入額を、以前の7.3兆円から9兆円(675億ドル)に増やすと述べた.

日銀は声明で、「これらの措置を通じて、日銀はこの枠組みの下で金融緩和の持続可能性を強化することにより、金利目標を達成することを目指す」と述べ、この動きはYCCを段階的にではなく延長することを目的としていることを示した。それを出します。

決定後、日経平均株価は 2.5% 下落し、ドルは 2.7% 下落して 4 か月ぶりの安値である 133.11 円になりました。 10 年物日本国債 (JGB) の利回りは一時的に 0.460% まで上昇し、日銀の新しいインプライド最高値に近づきました。

すでに市場は、黒田氏の任期が終わりに近づき、インフレ率が来年の目標である 2% を上回ると予想される中、日銀の次の動きがどうなるかを推測しています。

バンク・オブ・シンガポールの通貨アナリスト、モー・ソン・シム氏は「彼らはバンドを広げたが、それは予想よりも早く実現したと思う。政策正常化の観点から、これが今後のさらなる前進への序曲であるかどうかについて疑問を投げかけている」と述べた。

「おそらく、以前に見られた急激な円安は政策立案者にとって不快だったと書かれている…それは明らかに、来年の円高の話に追加される.」

日本銀行の超低金利政策と利回り上限を守るための執拗な国債購入は、利回り曲線をゆがめ、市場の流動性を枯渇させ、円の望ましくない下落を引き起こし、経済のコストを押し上げているとして、世論の批判が高まっています。原材料の輸入。

黒田総裁は繰り返し、日銀がYCCを調整する必要はないと考えており、それには債券市場に生じた歪みなどの副作用に対処するための措置を直ちに講じることも含まれます。

READ  米連邦準備制度理事会(FRB)の金利論争の中で巨額の国債が重くのしかかる中、ウォール街は下落