11月 29, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日米両国は、新たな軍の合意に続いて戦略的協議を行っている

日米の高官は、交渉担当者が一連のトランプ時代の支払いを終了してから2週間後の木曜日に戦略的および安全保障協議を行っており、主に日本における米軍のプレゼンスの支払いに関する新しい方式に合意しています。

日米両国の外相と国防相の仮想会合は、同盟国と中国の間の緊張が高まる中、木曜日の初めに日豪間の防衛協定の調印で懸念が提起された。 米国を除いて。 会談は北朝鮮が新しいミサイルを試射した直後に行われた。

国務省のスポークスウーマン、ネイト・プライス氏は、会議は「独立した開かれたインド太平洋地域を前進させるために、日米間の同盟を強化し近代化する方法」を模索すると述べた。

しかし、コロナウイルスの症例の増加により、議題は複雑になる可能性があります。 交渉開始の数時間前、日本は、コビット-19の蔓延により、米軍基地を自国の地に封鎖するよう米国に要請した。

日本の林芳正外相は、木曜日の「2 + 2」と呼ばれる会議に先立ち、アンソニー・ブリンゲン外相に電話で、ロイド・オースティン国防相、ブリンゲン、林とともに要請した。 岸信夫国防相。

特にオースティンがウイルスに対して陽性であるとテストされ、彼のスポークスマンのジョン・カービーが軽度の症状であると述べたもので自宅で隔離された後、会議はCOVIDの懸念のためにビデオ会議を介して行われます。

林氏は、ブリンゲン氏は米国が国民の健康を確保するために全力を尽くすことを約束したが、基本的な夜間外出禁止令が課されるかどうかはすぐには明らかではなかったと述べた。 在日米軍はこの要請についてコメントしなかったが、あるグループが事件と傾向を監視していると述べた。

林氏の要請は、米軍が、コロナウイルスの3回目の陰性検査まで、すべての職員にマスクの着用を義務付けるなど、より厳格な措置を講じていることから来た。

日本南部の沖縄や岩国を含む多くの地域でコロナウイルスの症例が増加した後、米軍は批判されてきた。 USFJによると、在日米軍では現在、合計1,784件のCOVID-19感染があり、その3分の1が沖縄にあります。 Ivaguniは529件の症例を登録しています。

しかし、岸田文雄首相の政府は明らかに米軍のプレゼンスに利点を見出し、クリスマス直前に米国との新たな費用分担協定に合意しました。これは金曜日に東京で正式に署名される予定です。

ドナルド・トランプ前大統領は、海外で米軍を維持するための費用を非難し、日本を含む多くの受入国に、彼らが提供しようとしているよりもはるかに多く支払うことを要求し、それはアジアとヨーロッパの同盟国との関係を悪化させるだろう。

ジョー・バイデン大統領の政権は、これらの違いを緩和し、昨年4月に韓国との膠着状態を解決しようとしました。 新しい4年間の「特殊作戦協定」に関する12月21日の日本との合意合意は、その政策のもう1つの具体的な成果です。

岸氏は、米軍が日本の地に新たな基地を設立するための扉を開いたと述べ、京都通信社は12月23日、日米軍が台湾の緊急事態に備えて共同計画案を作成したと報じた。 中国と台湾の軍隊間の戦いのように。

2026年まで実行されるホスティング契約の条件の下で、日本は米軍のプレゼンスをサポートするために年間約18億2000万ドルを費やします。 GAOによると、米国は日本に約55,000人の軍隊を擁しており、その中には世界最大の前向きな米軍を形成する海軍も含まれています。

国務省は声明のなかで、この合意は「防衛への相互投資を促進し、軍の機動性を向上させ、日本からの費用分担の貢献を増やすことを含む」と述べた。

これらの条件を確認することに加えて、日米は、インド太平洋地域における中国の増大するコミットメントに対する協力と調整を強化し、北朝鮮を核兵器計画の交渉のテーブルに戻す方法を模索することを望んでいる。

中国に関しては、米国と日本はすでにオーストラリアとインドを含む「クワッド」として知られているものの一部であり、特に東シナ海と南シナ海で中国の占領と見なされるものを鈍らせることを目指しています。 バイデンは昨年就任して以来、これらの指導者たちの会合を2回開催している。

日本の努力の一環として、ジュピターは以前、オーストラリアとの間で、訓練やその他の目的で部隊が他国に入国することを許可することへの障壁を打破することを目的とした防衛協定に署名しました。

同時に、米国と日本は、水曜日の約2か月で最初のミサイルで弾道ミサイルを海に発射するという北朝鮮の脅威についてますます懸念している。

水曜日の北朝鮮での「極超音速ミサイル」のテストは、平壌が核軍縮交渉に再び参加することに興味がなく、むしろその兵器を増やすことに焦点を合わせたことの合図として広く見られた。

バイデン政権からの繰り返しの訴えにもかかわらず、北朝鮮は核問題に関する最初の議論に再び参加することを拒否した。 プライス氏は、国連安保理決議に違反しているとして、北朝鮮に対し、これ以上のテストを控えるよう求め、交渉を再開するための譲歩に対応するよう求めた。

READ  ラグビー フランスが日本を下し、連勝記録を更新