12月 4, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日米は追加の鉄鋼とアルミニウムの関税について交渉を開始することに合意した

2016年11月17日、ニューヨークのマンハッタンでドナルド・トランプ大統領と会談した後、日本の安倍晋三首相がメディアに演説する前に、労働者が米国旗を調整します。 ロイター/アンドリューケリー

東京、11月15日(ロイター)-日米は月曜日、東京での二国間会合で、日本の鉄鋼とアルミニウムの輸入に対する追加の米国関税に取り組むことについて話し合うことで合意した、と日本の産業省は月曜日に述べた。

日本の碧田浩一産業相とジーナ・ライモンド米国商務長官との会談が行われたが、省当局者は具体的な手順については話し合われておらず、会談の日程も決まっていないと述べた。

これは、米国が金曜日に、両国間の貿易関係で長い間悩まされてきた関税の緩和につながる可能性のある交渉を開始すると発表した後のことです。 nL1N2S32ER]

今月初め、日本は米国に対し、ドナルド・トランプ前米大統領の政権によって2018年に課された「第232条」の関税を撤廃するよう要請した。

経済産業省の秦田博之局長は、次のように述べています。

米国と欧州連合は最近、2018年に課された米国の鉄鋼とアルミニウムの関税をめぐる紛争を終わらせ、大西洋諸国間の関係への負担を取り除き、EUの報復関税の引き上げを回避することに合意しました。 続きを読む

この協定は、米国がEUによって免税で生産された「限られた量」の金属に課税することを許可しながら、鉄鋼と10%のアルミニウムに25%のセクション232税を維持しています。

米国が同様の動きを提案した場合、日本はどのように反応するかと尋ねられた、秦田氏は次のように述べた。

「私たちが想像できる限り、WTOに準拠した完全な解決策について話すとき、私たちは追加料金をなくすことについて話しているのです。」

産業省によると、両国は、産業の競争力とサプライチェーンを強化するために日米貿易産業パートナーシップ(JUCIP)を設立することに合意した。

大林組による報告; DanielLucinkとContoroGomiaによる追加レポート。 キム・ゴキルとアナ・ニコラシ・ダ・コスタによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  流行が激化する中、日本の毎日の政府-19件は新記録を樹立しました