5月 26, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日米が極超音速ミサイル迎撃機開発協定に署名

日米が極超音速ミサイル迎撃機開発協定に署名

日米両国は水曜日に署名された協定に基づき、極超音速ミサイルを撃墜できる迎撃ミサイルを2030年までに開発する計画だ。

30億ドル以上かかると言われるこの計画は、8月にワシントン郊外のキャンプデービッドで各国首脳が韓国と首脳会談を行った際に初めて発表された。

“で…

日米両国は水曜日に署名された協定に基づき、極超音速ミサイルを撃墜できる迎撃ミサイルを2030年までに開発する計画だ。

30億ドル以上かかると言われるこの計画は、8月にワシントン郊外のキャンプデービッドで各国首脳が韓国と首脳会談を行った際に初めて発表された。

防衛省は声明で、いわゆるグライドフェーズ迎撃機(GPI)を共同開発する合意を引用し、「近年、日本周辺では極超音速兵器などのミサイル関連技術が劇的に進歩している」と述べた。

「彼らに対する迎撃能力の強化は喫緊の課題だ」

日本政府はすでに2024年度予算に迎撃機の開発費として750億円(4億8000万ドル)を盛り込んでいる。

広告 – スクロールして続行してください


極超音速ミサイルは音速の5倍で飛行し、軌道が不規則なため迎撃が困難です。

この750億円は、中国と北朝鮮との緊張の高まりを理由に昨年承認された7兆9500億円の防衛予算の一部である。

岸田文雄首相は、2027年までに防衛費をNATO基準のGDP比2%まで倍増すると約束した。

広告 – スクロールして続行してください


日本には戦後の平和憲法があり、その軍事力は表向きの防衛作戦に限定されている。

しかし、2022年には主要な防衛・安全保障政策も更新し、中国がもたらす課題を明確に概説した。

nf/kaf/sn

READ  この旅行の公表価格は239,999ポンドですが、スタインウェイ付きのスイートや日本からアラスカまでの息を呑むような目的地など、いくつかの特典が付いています。