12月 4, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本12月最初のCOVID-19ブースターショットを計画します。

日本の厚生労働省の専門家は、2回目のコロナウイルスワクチン接種を受けたすべての人が3回目のワクチンを受ける資格があることに同意しています。

保健省は12月に医療スタッフからのブースターショットを提供する予定です。

同省は木曜日に専門家パネル会議を開き、誰がワクチンの追加接種を受けることができるかについて話し合った。

会議では、2回目の接種から5か月後にファイザーワクチンの有効性がレシピエント間でどのように変化したかを示す米国の研究結果が報告されました。

効率は、16歳から44歳で89%から39%に、45歳から64歳で87%から50%に、65歳以上で80%から43%に低下しました。

他の国でのブースターショットの適格性も報告されました。 米国は、高齢者、18歳以上、および基本的な健康状態のある人に3番目のショットを提供します。

イスラエルは、12歳以上のワクチンを2回接種したすべての人を追加ワクチンの対象とします。

委員会は、ワクチンの有効性が低下すると予想されるため、重病のリスクが高い高齢者やその他の人々のためにブースターショットを促進するよう省に要請した。

ブースターショットに対する副作用に関する米国のデータも提供されました。 結果は、ファイザーとモダンワクチンのブースターショットが2回目のジャブ後もそれほど変わらなかった後の否定的な反応を示しています。

保健省は11月の会議で正式な決定を下す予定です。

READ  日本:12月5日のチャンピオンズトロフィーで真っ白なソダシが汚れる-競馬ニュース