9月 28, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本-FIT後-pvPress International

日本のPVセクターは、設備容量で世界第3位であり、約78.5GWであり、過去10年間で世界をリードするPV市場の1つとなっています。 しかし、世界がより多くの太陽光発電を設置しようと競争しているため、近年、新規設置が減少している数少ない市場の1つでもあります。 RTS Corpのディレクター兼チーフアナリストである和塚泉氏は、多くの政府機関を含むこのアプローチは、市場の再開を目指しており、完全に固定価格買取制度(FIT)に基づいているわけではないと述べています。

から pv Magazine 02/2022

pv Magazine:日本のPV市場は、年々減少している世界でも数少ない市場の1つです。 2021年の設置数はどのくらいですか?

RTS Corp取締役兼プリンシパルアナリスト、海塚泉: 昨年の市場規模は6.5GWであり、暫定的な数値であり、変更される可能性がありますが、FITプランと非FITプランでは少なくとも6.5GWです。

残念ながら減少しています。 しかし、まだインストールされている数字のほとんどは、2、3年前に承認されたFITプログラムからのものです。 今年はさらに市場が下落する可能性がありますが、少なくとも5GWから6GWあると思います。

特に、2030年までに46%の排出削減と36%の再生可能エネルギー目標という政府の最高目標を掲げて、良いニュースが見えてきました。 これらは新しい市場の推進力を提供しますか?

はい、政府が戦略的エネルギー計画の下で新しいPV目標を設定したため、市場は数年後に増加します。 2030年度の政府見通しはPVで117.6GWとなるが、この数値はACであるため、約140GWを見込んでいる。 [DC] 2030年までに

日本の太陽光発電の現在の総容量はどれくらいですか?

昨年末、総容量は78.5GWに達しました。 したがって、簡単な計算で、6GWの年間市場を維持できます。 しかし、政府の数は非常に保守的だと思います。 RTSでは、電気料金が値上がりし、FIT以外の多くのプロジェクトが聞かれるので、PVの増加が見込まれます。 [program]、主にオンサイトの企業BPAであり、戦略的エネルギー計画を達成するための新しいアクションプランの下にあります。 具体的な行動計画はたくさんあります。

これらのプロジェクトについて教えてください。

政府は、新築住宅の60%に住宅用太陽光発電を導入することを要求しています。 その義務を負うことは難しいように思われるかもしれませんが、「新エネルギー建築基準法」はPVを新しい家に押しやるでしょう。 また、国土交通省は全国の空港にPVを導入する予定です。 農水省は現在、指定農地を太陽光発電や風力発電の拠点として利用できるよう、ゾーニング政策の撤廃を検討している。 環境省は昨年、気候法を改正してカーボンニュートラルな地方自治体を設立し、現在、地方自治体に多額の予算を用意している。

これらの新しい政策措置に挫折はありましたか?

今年、私たちは一つのことに気づきました。 4月からFITプレミアムプランが開始されるが、電力取引価格や金融セクターの関心が不透明なため、投資家やプロジェクト開発者はこのプランを使用するかどうかわからない。 そのため、ほとんどの開発者は現在、非FITプログラムである企業BPA(主にオンサイトの企業BPA)を探しています。

オフサイトBPAが作成されないのはなぜですか?

独立系発電事業者(IPP)は、ユーザーに直接電力を販売することはできません。 彼らは認可された販売業者と提携し、運送費、つまり振込手数料を支払わなければなりません。 これにより、オフサイトの企業PPAは困難になりますが、IPPによってソーラーLCOを削減でき、政府がいくつかの障壁を取り除けば、この新しい市場が成長する可能性があると思います。

日本のオンサイトBPAの現在の価格について何か洞察がありますか?

現在の電気料金は15円(0.13ドル)/ kWhです。 等々 [on-site solar] PPAの価格はわずかに低いか低いです。 FITと燃料価格の追加料金により電気料金が値上げされることが予想されるが、オンサイトPPAは電気料金を設定し、電気を使用する人々を認定する。

振込手数料はいくらですか?

状況にもよりますが、一例として、3.36円/ kWhは、エンドユーザーに利益をもたらすポイントを超えてオフサイトのBPA価格を押し上げます。 規制、振込手数料、残高手数料により、主なビジネスモデルは現場にあります [PPAs]。 それでも、日本のソーラーLCOEは非常に高いです。 最新の入札結果では、最低入札価格は10.23円/ kWhと非常に高い。 しかし、オンサイトBPAが急速に成長している一方で、一部の大企業は、経済的利益が低いにもかかわらず、排出削減目標を達成するためにオフサイトBPAを追求しています。

これは日本のソーラーLCOEの歴史に当てはまります。 それらのより高い価格の現在の推進力は何ですか?

地価が要因ですが、ソフトコストと建設費ははるかに高くなります。 適切な平坦な土地がないと、建設中に生成された土地から追加のコストが発生します。 そしてもちろん、2021年にはPVモジュールの価格が上がるでしょう。

Agri-PVのようなデュアルユースアプリケーションはどうですか? 彼らは牽引力を得ますか?

農業用地主はソーラーFIDを取得できるため、デュアルユースアプリケーションは非常に人気があり、成長しています。 しかし、砂漠の農地の可能性は非常に大きく、これは先に述べた再ゾーン改革に関連しています。

政策に目を向けると、PVと再生可能エネルギーをサポートするこれらの新しい政府のイニシアチブからの大きなポイントは何だと思いますか?

以前は、行動計画は経済産業省(METI)によってのみ作成されていましたが、現在は環境・国土・インフラ・農業省によって作成されています。 たくさんのグループミーティングが行われているので、RTSでとても忙しいです! 環境省は再生可能エネルギー地域にポジティブゾーンとネガティブゾーンを設定したいと考えているため、修復作業は重要です。

あなたは、PVに対する政府の目標が不十分であると判明するかもしれないと言いました。 インストールされたPV機能について、10年の終わりまでRTSに何を期待しますか?

2030年の目標の予測は少なくとも150GWです [DC]。 RTSは現在、2030年と2050年の独自の見通しで運営されており、3月上旬にリリースされると思います。 RTSは、前の概要よりも多くの数を提供することを期待しています。

このコンテンツは著作権で保護されており、再利用されません。 私たちと協力して私たちのコンテンツの一部を再利用したい場合は、以下に連絡してください: editors@pv-magazine.com

READ  岸田文雄の日本企業向けの売り込みは、国内で厳しい試練に直面している