12月 4, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本:12月5日のチャンピオンズトロフィーで真っ白なソダシが汚れる-競馬ニュース

ソダシは、アメリカのクロフネが作った珍しい白い合唱団、阪神競馬場で吉田隼人ジャッキーの下で岡ショーを勝ち取りました。



オールホワイトのカルト馬ソダシはチャンピオンズトロフィーで彼の最初のスタートを切る準備ができており、古典的な勝者のための追加のオプションを開く可能性のある変更の下で初めて汚い試みの準備ができています。

4月の岡ショー(日本1,000ギニア)を含むフィールドで2回のG1勝利を記録した日本の「アイドルホース」は、12月5日にスキヨで開催されるG1チャンピオンズトロフィーに出場します。

菅井直輔コーチは、彼が汚い勝者の家族から育てられたことを知って、その道を進んでいます。 彼の応援クロフネは2001年にジャパンカップダートで優勝し、母親のプチコもダートで4勝しました。

スホーイは、彼の降下について言及し、彼の理想的な距離である1,800 mで、「一度試してみる」と「世話をする」レースを実行すると発表しました。 [9f]、切り替えが成功したことが証明された場合、彼には追加のオプションがあります。

「ユニコーン」としても知られる宗だしは、その希少な色だけでなく、8回のスタートから6回の勝利を記録したことから、日本で最も人気のある馬の1つになりました。

無敗の2年間のキャンペーンでG1を獲得した最初の公式ホワイトホースになり、9月のG2札幌クインで岡ショーを制し、ブリーダーズカップフィラデルフィア&マーターフの優勝者であるラバーズオンリーユーを破りました。

前回のジャパンオークスとシュカショーでの2試合で、オープニングゲートで口をノックして歯を抜いたところ、2敗を喫した。

この物語は競馬惑星の許可を得て転載されました。 オリジナルの作品と追加のコンテンツを探す ここ

READ  石油価格がインフレ懸念を引き起こしたため、アジアの株式は1年ぶりの安値に近づいています