5月 19, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本:大井田製鉄所の労働者を捜索、行方不明の骨片を発見

日本:大井田製鉄所の労働者を捜索、行方不明の骨片を発見

画像ソース、 良い写真

  • 著者、 ザーラ・ファティマ
  • ストック、 BBCのニュース

警察は、日本の製鉄所で金属を1000度以上の温度に加熱する容器から人骨の破片とみられる物が見つかったと発表した。

この発見は、西日本の大分市で新日鉄従業員が行方不明になったと報告されてから数時間後に起こった。

AFP通信によると、警察は破片が30歳の作業員のものかどうかは不明だと述べた。

警察広報官の河野英二郎氏がAFPに語ったところによると、遺体の身元を特定するためにDNA検査が命じられたという。

伝えられるところによると、この従業員は月曜日の現地時間19時(グリニッジ標準時10時)に勤務を開始したという。

しかし、彼は翌朝まで行方不明であると報告された。

警察は工場内を捜索し、4時間以内に人間の遺体と思われるものを発見したと発表した。

カバノー氏は「作業員らと捜索した結果、船内から人骨の破片を発見した」と述べた。

「これらが本当に人骨なのか、それとも行方不明の労働者の骨なのかは分からない」と同氏は語った。

「しかし、これが人骨であれば、作業員はタンクに落ちた可能性がある」と彼は言う。

同氏は、従業員の誰かが何が起こったかを目撃したかどうかを調査していると述べた。

彼は自分が監督するるつぼの中で、高さ 5 m (16 フィート) で働いていました。

直径5メートル、深さ約4メートルのポットには、1,000℃(1,832°F)以上に加熱された溶融金属が入っていました。

大分の日本製鉄工場では、船舶、産業機械、建設資材、橋梁などの資材を生産しています。 主に中国、東南アジア、中東に製品を輸出しています。

日本最大の鉄鋼メーカーである日本製鉄は、捜査当局に全面的に協力していると述べた。

この事件は、同社がUSスチールを140億ドル(120億ポンド)で買収しようとしたときに起こった。

ジョー・バイデン大統領が3月にいかなる潜在的な合意にも反対し、米国鉄鋼の国内所有を維持したいと述べて以来、この問題は米大統領選を前に物議を醸している問題となっている。

READ  軽井沢の森の中にある杉の家は丸太のように暮らしています