2月 23, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本:外国生まれの国民が人種差別で政府を訴える

日本:外国生まれの国民が人種差別で政府を訴える

画像のキャプション、

マシューさん(左)、サイード・ゼインさん、モーリスさんは人種プロファイリングの疑いで州と地方自治体を相手に訴訟を起こした。

日本に住む外国人3人が人種プロファイリングを巡り日本当局を訴えている。

原告らは、外見を理由に警察の度重なる尋問でトラウマを負ったと主張している。

「『外国人』=『犯罪者』というイメージが非常に強い」とパキスタン生まれのサイード・ゼインさんは記者団に語った。

月曜日に起こされたこの訴訟は、人種プロファイリングが違法であることを確認し、各原告に300万円(2万250ドル、1万5740ポンド)の損害賠償を与えることを目的としている。

男性側の谷口元樹弁護士によると、この種の事件は全国初だという。

パキスタン生まれの日本国民であるジェイン氏は、20年間日本に住んでおり、日本の学校に通い、日本語に堪能です。 26歳の彼は月曜日の記者会見で、頻繁に警察に呼び止められ、尋問され、捜索されたと語った。

「警察の取り調べの扱い方を再考する時期が来ている。」 彼は言った。

国連は、人種プロファイリングを「法執行機関は、個人の行動の客観的証拠ではなく、人の人種、肌の色、世系、国または民族的出身に基づいた一般化に依存している。そして、その人が関与しているという調査や判断に依存している」と定義しています。犯罪”。

原告のもう一人、インド系永住者のマシューさんは、2002年に日本に来て以来、少なくとも70回警察から取り調べを受けたと述べた。 今は外出を控えるように言われています、日本人。 毎日新聞が報じた。

「最近までソーシャル・ディスタンシングが何なのか知りませんでした…仕事が終わるたびに家の中に隠れているような気がします」と彼女は語った。 報道によると、彼は迫害を恐れて姓を明かさなかったという。

日本の永住者であるアフリカ系アメリカ人のモーリスさんは同紙に対し、「一般の日本人」から尋問を受け、中にはビザを超過して滞在しているのではないかとの質問もあったと語った。

同氏は記者団に対し、「たとえ負けたとしても…これは日常的な出来事であり、日常的なことであることを人々に理解してもらいたい。将来の世代のためにこれを防ぐために何かをすべきだ」と語った。

3人は警察庁、東京都、愛知県を相手取り東京地裁に訴訟を起こした。

先週、ウクライナ人モデルがミス日本に選ばれたことを受けて、「日本人」であるとはどういうことなのかについて新たな議論が巻き起こっている。 彼女の受賞を多様性の表れと見る人もいる一方で、彼女は「ミス日本」には似ていないと言う人もいる。

2021年12月、東京の米国大使館は日本の警察による外国人の「人種プロファイリングの疑い」について国民に警告した。

同大使館はツイッターで「米国大使館は、外国人が日本の警察に呼び止められ、捜索された人種関連の疑いのある事件の苦情を受け取った。多くが拘束され、尋問され、捜索された」と述べた。

READ  日本の Air Do が新しい持株会社 Solaceet に合併ニュース