7月 25, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本高校の「ガルタ」選手が休憩後に試合が戻ってきてリストのトップに

石川-毎年夏に、鹿県の近江神寺で、オークラ「ひやくにんいしゅ」大会「ガルーダ」カードゲームの全国高校選手権が開催されます。 このイベントは「ガルーダゴシアン」としても知られています。これは、毎年全国的に大きな注目を集めている高校野球トーナメントへの言及です。

コロナウイルスの発生により昨年のイベントは中止されましたが、今年の3月には、自主的に開催された代替大会のエトワールカップが開催されました。 そこでは、17歳の林まひろがチャンピオンとしてトップに立ち、かるたの高校生の競技シーンでトップに立った。

「トレーニングの結果をテストする機会はまだありませんが、今回は自分の強さを示す機会がありました」と彼女は目を輝かせて言った。

この写真は林まひろさんです。 (ミニチ/シナツイード)

林は、父と兄の影響で小学2年生から遊び始めた。 彼女がゲームについて望んでいるのは、年齢と性別が勝者に影響を与えないことです。 石川ガルーダ協会に入会したとき、彼は大きな進歩を遂げました。 小中学生時代、彼は個人的な競争相手として登場し、いくつかの全国大会で優勝することで孤立しました。

地元の中学校にはガルーダクラブがなかったので、バドミントンチームに参加しました。 林は微笑んで「スマッシュで学んだ手首の動きをカードスワイプテクニックに取り入れた」と語った。 3月の別の試合で、彼は詐欺を使って作成した瞬間反射神経を燃やし、3年生の自分より年上の選手に勝ちました。

現在、彼はガルタの最高の「ワンクラス」ランキングに値するが、最近では彼のシーンはチームゲームに設定されている。 林はガルーダをテーマにした漫画「シハヤプル」、特にキャラクターが一緒にゲームをするシーンが大好きです。

今年の7月、全国高校ガルーダ大会は2年ぶりに開催され、林会長は6月にチームスポーツ部門に出場しました。 彼らは懸命に働いたにもかかわらず、6つの高校のうち3番目に卒業し、次のラウンドに進むことができませんでした。

彼は個々のプレーヤーと同じトーナメントに出場します。 彼はチャンピオンに指名されることを目指し、「チームのためにも一生懸命働きたい」と語った。 名前と行動において、彼女は彼女の高校を日本でナンバーワンにすることを目指しています。

プロフィール:林まひろ

林まひろは石川県中部の神沢で生まれました。 現在、神沢西木郷高校3年生。 彼は指紋認証にも精通しており、シーハン(マスター)としての資格があります。 試合前に自分を撃つために、彼女はポップグループのアラシの歌を聴いています。

(北陸総合局日本オリジナルシナツイード)

READ  DSMCの目が米国、日本で広がる