5月 25, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本銀行 (BoJ) プレビュー: 何が期待されるか

日本銀行 (BoJ) プレビュー: 何が期待されるか

日銀の四半期展望レポートと記者会見に注目

次回の会合では日銀の四半期見通し報告書が焦点となる。 ここ数カ月間の円安と原油価格の上昇がインフレ見通しの基準をどのように引き上げるかによって、中銀の次回の金利動向への期待が決まる。

市場協議により、2025年度のコアインフレ予想は1.8%から2.0%に引き上げられる。 2026年度の第1次見通しも公表し、2%程度と見込んでいる。

3月の日本のインフレ率は若干鈍化したものの(コア:2.6%対2.8%、ヘッドライン:2.7%対前回2.8%)、物価圧力は2年連続で中央銀行の目標である2%を上回っており、さらなる成長を支える可能性がある。 政策正常化の取り組み。

日銀の上田和夫総裁の最近のコメントは、コアインフレ率が上昇し続ければ中銀が利上げする「可能性が非常に高く」、近い将来のある時点で大規模な債券買い入れの縮小を開始するだろうとの基礎を築いた。

記者会見でのあらゆる発言は注意深く監視される

前回の会合で日銀総裁は、「インフレ期待が2%に達するのはまだ遠い」ことを意味する緩和的な金融状況を正当化した。 今後のインフレ見通しに上方修正があれば、市場参加者は次回の記者会見で総裁の発言に変化が生じるかどうかに注目するだろう。

READ  日本の11月の化学輸出は6.5%減少。 輸出総額は0.6%減少した