5月 28, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本銀行がCBDC APIサンドボックスを開始、デジタル円取引明細書をリリース – Ledger Insights

日本銀行がCBDC APIサンドボックスを開始、デジタル円取引明細書をリリース – Ledger Insights

先週、 日本銀行 (日銀)発表 中間報告 その中央銀行デジタル通貨(CBDC)の仕組み。 同社は今月CBDC APIサンドボックスを立ち上げ、イングランド銀行のプロジェクトRosalindを支持した。 同中央銀行はデジタル円の概念実証(PoC)を過去2回実施したが、1年前に終了した。

PoC とは対照的に、最近の取り組みは CBDC プラットフォームを超えて、仲介者を含むエンドツーエンドの実験を含んでいます。 API に加えて、外部システムとの相互運用性や追加機能も調査します。

最近の活動の重要な側面は、5 つの作業グループによる広範な業界の関与です。 これまで机上での研究はほとんど行われていなかったが、日銀はその結果に基づいて実験を行う予定だ。

追加のCBDC機能

現在のフェーズで検討されている追加機能の例には、プライバシーとスケーラビリティが含まれます。 プライバシーの面では、中​​銀はデジタルユーロを例に挙げ、個人データを決済データから分離したいと考えている。 ただし、ユーザーが同意した場合、論文では購入の詳細を含む潜在的な販売データも調査されます。

この道をたどる場合、日銀はデータ流通機能を中央銀行や仲介機関に外部化すべきだと提案している。

スケーラビリティの観点から、CBDC プラットフォームは、通常時は 1 秒あたり数万件のトランザクション、ピーク時は 1 秒あたり 100,000 件のトランザクションを処理できる必要があります。

説明されているその他の機能には、オフライン支払いとの互換性、プログラム可能な支払い、セキュリティを含む機能の拡張などが含まれます。

デジタル円ワーキンググループ

ワーキンググループで取り上げられるトピックは次のとおりです。

  • WG1 CBDC システムと外部インフラ/システム間の接続
  • WG2 追加サービスと CBDC エコシステム
  • WG3 KYCとユーザー認証/認証
  • WG4 新技術とCBDC
  • WG5 ユーザーデバイスと UI/UX

第 6 作業部会は、CBDC と電子マネーを含む他の決済システムとの共存を検討する予定です。

日本銀行はまだCBDCの立ち上げを決定していない。 日本ではこの概念が極めて低いことを考えると、消費者の意識を高めるのは難しいかもしれない。 日銀はまた、トークン化を利用した国境を越えた決済のためのBISイニシアチブであるプロジェクト・アゴラにも参加している。 一方、日本初のトークン化された預金決済DCJPYは、今後数か月以内に開始される予定です。


READ  円はドルに対して年初来で 20% 下落