1月 29, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本銀行が債券価格の下落に取り組む中、株は上昇し、円は上昇する

  • 日銀は利回り政策を擁護する一方で大きな圧力を受けている
  • 円高は7ヶ月ぶり高値、ドル安で元高
  • より多くの利益がもたらされる、多くの中央銀行のスピーカー
  • 英国の FTSE インデックスは記録を打ち立てました

[シドニー/ロンドン 20日 ロイター] – 企業収益に対する楽観的な見方と中国の経済活動再開により、日本銀行が今週、中国で休暇中に重要な会合を開き、大規模な景気刺激策を緩和するのではないかという懸念が強まり、月曜日の株式市場は上昇した。 米国市場は弱気な取引を行った。

円は、積極的な売りに直面して新しい利回り上限を守るのに苦労しているため、日本銀行が月曜日に緊急会議を開催する可能性があるという噂が広まった後、5月以来の最高水準に上昇しました。 続きを読む

不安ムードの国内市場、日経平均株価 (.N225) 1.3%下落し、2 週間ぶりの低水準となった。

ただし、MSCI の日本以外のアジア太平洋株式の最も広範なインデックス (.MIAPJ0000PUS) 中国の迅速な経済活動再開への期待から、先週は 4.2% 上昇し、0.27% 上昇しました。

ヨーロッパの株式は、STOXX 600 でプラスに取引を開始しました。 (.STOXX) ヘルスケア株に後押しされ、0850 GMT までに 0.1% 上昇しました。 (.SXDP) 0.6%上昇しました。

英国のベンチマーク FTSE インデックス (.FTSE) 2018 年に設定された 7,903.50 の過去最高値に近づくと、銀行と生命保険会社が最大の値上がりを見せました。

今週、ゴールドマン・サックスで業績が上昇 (GS.N)モルガン・スタンレー (MS.N) とネットフリックス (NFLX.O) これらのレポートの中で。

世界の指導者、政策立案者、CEO がダボスで開催される世界経済フォーラムに出席し、米国連邦準備制度理事会の少なくとも 9 人のメンバーを含む中央銀行家のグループが講演します。

日銀の 2 日間にわたる公式会合は水曜日に終了し、市場が 10 年物利回りを新しい 0.5% の上限を超えたことを踏まえ、日銀がイールドカーブ コントロール (YCC) ポリシーを変更するのではないかとの憶測が飛び交っています。 続きを読む

日本銀行は金曜、これまでで最大の日次操作で約 5 兆円 (391 億 2000 万ドル) の国債を購入したが、それでも 10 年物利回りは 0.51% で取引を終えた。

月曜日の早朝、銀行はさらに 1 兆 3,000 億円の日本国債の購入を申し出ましたが、利回りは 0.51% のままでした。

JPモルガンのアナリストはリポートで、「市場の圧力が日銀にYCCの更なる調整や離脱を強いる可能性は依然としてある」と述べた。 この可能性を無視することはできませんが、現段階では重大なシナリオとは考えていません。」

「内需は回復し始め、インフレ率は上昇し続けているが、金利の急激な上昇と大幅な円高の潜在的リスクを許容できるレベルまで経済は温まっていない」と付け加えた。

円未装着

日本銀行の Uber-easy 政策は、世界的に利回りの一種のアンカーとして機能し、円を引き下げました。 この政策が放棄された場合、先進国市場全体の利回りに上昇圧力がかかり、円が上昇する可能性が高くなります。

投資家は、インフレ率が明らかに追い詰められていることを考えると、連邦準備制度理事会 (FRB) が利上げにあまり積極的ではない可能性があると推測しているため、米国債利回りの低下によってドルは下落しました。

日銀がイールドコントロール政策をさらに調整するか、完全に放棄するのではないかという期待が市場のセンチメントを支配したため、月曜日の日本円はドルに対して7ヶ月ぶりの高値まで上昇した。

円は 0.5% 上昇して 1 ドル 127.215 になり、0915 GMT までに 128.6 に後退しました。

主要通貨のバスケットに対する米国の団結を測定するドル指数は、セッションの前半に触れ​​た 7 か月ぶりの安値である 102.6 から回復しました。

先物は現在、FRBが2月に金利を0.5ポイント引き上げる可能性はほとんどないと指摘しており、4分の1ポイントの動きは94%の確率と見られています。

10年国債利回りは先週6ベーシスポイント下落した後、3.498%下落し、12月の安値に近づき、主要チャートの目標である3.402%に近づいた。

ドイツ証券のG10外国為替戦略のグローバル責任者であるアラン・ラスキン氏は、ここ数カ月の世界的な供給のボトルネックの緩和はインフレに衝撃を与えており、米国経済が軟着陸する可能性が高まっていると述べた。

ラスキン氏は「インフレ率自体の低下は、実質賃金の上昇を通じてソフトランディングを促し、連邦準備理事会(FRB)の失速をより容易にし、より良い行動の債券市場を促し、金融状況に好ましい波及効果をもたらす」と述べた。

ラスキン氏は「ソフトランディングは米国の金利上昇によるテールリスクも減らし、このリスクプレミアムの低下は世界のリスク選好を後押しする」と付け加えた。

先週上昇した商品価格は、月曜日に下落した。

リターンの低下とドルは先週2.9%上昇した金価格の恩恵を受けたが、貴金属は今日の月曜日の早い取引でオンス当たり0.4%下落して1911ドルになった。

中国が経済を再開するにつれて、COVIDケースの増加が需要の増加の見通しを曇らせたため、原油価格は下落しました。

ブレント原油は 0857 GMT までに 73 セント (0.83%) 下落して 1 バレル 84.57 ドルになり、米国の西テキサス中級原油は 61 セント (0.6%) 下落して 1 バレル 79.24 ドルになりました。

($1 = 127.8000円)

(Wayne Cole と Lawrence White による報告) Shri Navaratnam と Emilia Sithole Mataris による編集

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  ユタ州が 4 年前のチックフィレイの最初の新しいミルクセーキ フレーバーでどのように重要な役割を果たしたか