5月 25, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本連合、北海道でアンモニアのサプライチェーン構築を目指す

日本連合、北海道でアンモニアのサプライチェーン構築を目指す

サプライチェーンは北海道苫小牧市にあります。

海外からのアンモニアの受け入れ・貯蔵・供給施設の整備や、北日本全域でのアンモニア利用の拡大に向けた研究を検討する。

トマコムには、アンモニアのサプライチェーンを確立するために必要な施設を設置するための広い敷地があり、将来の需要増加に対応するために貯蔵タンクを追加する可能性があります。

同地域は日本海と太平洋の両方に航路が整備されており、苫小牧周辺の需要地のみならず、北日本全域の水素需要地へ内陸船などを活用したアンモニアの供給が可能です。 株式会社IHI

IHIは、二酸化炭素回収・貯留(CCS)プロジェクトや水素サプライチェーンの構築に関する研究が、脱炭素化とゼロカーボンシティの実現に向けて進んでいると指摘した。

6社はアンモニア用途の顧客として、釧路発電所、日本甜菜製糖、オノンホールディングスとアンモニアのサプライチェーン構築についても協議している。

株式会社IHI、石油資源開発、三菱ガス化学、三井物産商船三井と商船三井は、福島県相馬地域にアンモニア物流拠点を構築するための共同検討を開始した。

READ  2021年12月25日と26日