2月 26, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本軍はマスク氏のスターリンク衛星サービスの導入を検討している

日本軍はマスク氏のスターリンク衛星サービスの導入を検討している

[東京 6月25日 ロイター] – 日本軍は来年度の導入を目指してイーロン・マスク氏の衛星インターネットサービス「スターリンク」の実験を行っていると、読売新聞が日曜日に匿名の政府関係者の話として報じた。

読売によれば、国防省はすでに静止軌道上の通信衛星にアクセスできるが、マスク氏のスペースXが運営するスターリンク技術の利用により、地球低軌道上の衛星群がさらに増えることになるという。

世界中の国々は、紛争中の通信妨害や衛星攻撃のリスクに対する回復力を構築しようとしています。

同紙によると、日本の自衛隊は3月からスターリングの試験を行っており、このシステムは約10か所に配備され訓練されているという。

国防省報道官の勤務時間外の報告書に関するコメントは得られていない。

スターリンク技術はウクライナによって戦場で使用されており、ロシアはこの地域での使用を阻止しようとしている。 マスク氏は10月、スペースXがスターリングをウクライナで使用するために無期限に資金を提供することはできないと述べた。

米国国防総省は今月、同国でスターリンクサービスを提供する契約を締結したと発表した。

サム・ナッセイによるレポート。 編集:ウィリアム・マラード

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  日本の10月はCOVID-19の減少を家計支出に引きずり込む