5月 23, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本語を話す貴族は、観光客を引き付けるために魅力的に攻撃しています

日本語を話す貴族は、日の出から北ウェールズまで観光客を引き付ける魅力的な猛攻撃を繰り広げています。

裕福な日本人訪問者のためのオーダーメイド旅行のハイライトの1つは、フリントシャーのモスティンホールによって自国語で案内された彼の歴史的な15世紀のモスティン卿のツアーでした。

6,000エーカーの庭園には、ランディドノーの海辺のリゾートもあります。このリゾートは、北ウェールズ観光局が特に日本市場を念頭に置いて設計した、不思議の国の城の道ツアーの一部でもあります。

グレゴリー・モスティン卿、第7男爵モスティンはすでに日本で有名です。

彼女の家族と東アジアの国との緊密な関係は20世紀初頭にさかのぼり、モスティン男爵2世の法の娘であるオーガスタモスティン夫人は日本情勢に触発されました。

オーガスタ夫人は、年を取りすぎて一人で行けないことに気づき、息子のレベリン、3番目の男爵、そして彼の妻と子供たちが日本を大々的にツアーすることを提案しました。

しかし、グレゴリー・モスティンが大学在学中に日本人女性と付き合い始めた頃には、家族史のこの部分は長い間忘れられていました。

偶然にも、関係は長くは続かなかったが、彼の日本との恋愛は何年にもわたって成長した。

その後、2015年に、モスティンホールのスタッフの1人が、1908年の航海でリストされた写真とストーリーのユニークな家族アルバムを発見しました。

これにより、彼は現在のロードモストの元の到着を再現し、1世紀後に同じホテルに滞在した彼自身の更新されたアルバムのために彼の先祖が撮影したすべての写真の新しいバージョンをピックアップするようになりました。

それ以来、彼は日本のテレビに数回出演し、彼の先祖の足跡をたどる信じられないほどの物語についての特集を含めて、人気のあるTVSチャンネルで1400万人の視聴者に視聴されました。

彼は現在、ノースウェールズツーリズムに参加して、より多くの日本人観光客をノースウェールズに引き付けることに熱心に取り組んでいます。

コビットの規制が緩和されて以来、この地域への外国人観光客を引き付けるための主要な国際キャンペーンの一部となっています。

ウェールズ政府観光局VisitWalesが資金提供する多言語運動の目的の1つは、外国人旅行者がウェールズの歓迎と情報を自国語で楽しめるようにすることです。

ドイツ、スペイン、フランスなどのヨーロッパ諸国も、中国やインドからの訪問者をターゲットにしています。

キャンペーンの一環として、北ウェールズ観光局は、コンウェイ宮殿とヒマジ宮殿が合併したにもかかわらず、2019年に日本との既存の関係を構築する予定です。

日本人観光客向けのツアーには、フォーサイスアキュテクト、コンウェイとカーナーフォンのノーマン城などのユネスコ世界遺産、ウェールズ北西部の新しく戴冠したスレートの風景が含まれます。

モスティン卿によれば、彼は日本人観光客を日本庭園とともにモスティンホールに迎え、その魅力的な歴史についての自国語の物語で彼らを再現することを楽しみにしています。

ガイドツアーで取り上げられた物語は、ヘンリーチューダー、リッチモンドアーリンの短い脱出、ホールの大きな油絵を彷彿とさせます。

ヘンリー7世はモスティンホールに隠れていました。リチャード3世の兵士が彼を探しに来たとき、彼はなんとか裏窓から逃げ出し、歴史の流れを変えました。

ウェールズで2番目に古い家族の肖像画のコレクションであると信じられている訪問者は、王室に次ぐ1617年までの出来事を鑑賞する機会があります。

モスティン卿は言った:

「日本人観光客がやってくるのはとてもユニークだと思います。そこに住む人が歴史的な家に行くツアーをしてくれたのですが、彼らは日本語でツアーをします。

「私はウェールズと日本が大好きです。私の夢は、両国を近づけることです。

「日本には、これらの歴史的に重要な土地はありません。 彼らは過去に貴族を持っていましたが、英国ではまだ貴族だけでなく家もあるので非常にユニークで、日本の誰かが彼らに非常に感銘を受けるでしょう。

「北ウェールズ観光局が、相互利益のために、そして彼らの公式大使の一人として、日本とのこれらのつながりを構築する可能性を秘めていることを嬉しく思います。 それは大きな名誉です。」

ノースウェールズツーリズムのCEOであるジムジョーンズは、キャンペーンを後援し、日本政府とウェールズ政府との関係の強化を支援してくれたモスティン卿に感謝しました。

彼は言った:

「これは完全にユニークな体験であり、世界のどこでも手に入れることはできません。日本との関係を再開できることをとてもうれしく思います。

「日本やアジアの他の地域の人々が休暇で英国に来ることを想像できるので、その市場の一部を獲得する必要があります。

「私たちは、より多くのお金を費やし、ノースウェールズの体験に完全に没頭するので、滞在したい金持ちの視聴者を本当に探しています。」

日本の横浜出身のEmikoCarneyは、現在BetwsyCoedに住んでいます。

北ウェールズの観光大使でもあるエミゴは、次のように述べています。

「日本人の訪問者は、この地域の歴史と遺産に魅了されているので、彼らの会議に来てほしいと思います。

「この美しい場所にもっと日本人を連れてくることに興味があります。

「北ウェールズには訪問者に提供するすべてのものがあり、モスティン卿と日本の間のつながりは観光産業への絶対的な贈り物です。」

READ  NHK杯:日本、ロシアのフィギュアスケート選手が舞台を支配