11月 29, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本語とクロアチア語のリンクは、日本の日常の物語の一部です

ザグレブ、2021年12月4日- クロアチアのジャパンデーは本日オンラインで祝われます。 クロアチアの日本大使館が主催するこのショーは、午前10時からオンラインで放送されます。 クロアチア日本大使館のFacebookページ

計画:

午前10時ショーの始まり-大阪(関西)-ペンに会う。 日本の方言についての講義

この講義では、日本語の方言の違いを紹介します。 東京で話されている標準的な日本語に加えて、最も広く話されている方言は、大阪とその周辺の関西地方で話されています。 興味深い違いの比較に加えて、訪問者は東京と大阪に住む日本人の特徴についても学びます。 大阪のジェレナ・ヤマザキがライブでレクチャーします。

11:00紙芝居物語; 持続可能な開発についての子供のための3つの物語

紙芝居は、特別なフレームで交互の画像を使用する日本のストリートストーリーテリングの形式です。 このストーリーテリングは、20世紀初頭のテレビ登場前に特に人気がありました。今回は、紙芝居による持続可能な開発(SDGs)のメッセージを伝える3つの有益なストーリーを紹介します。 紙芝居コスリシ協会提供。

11:40クロアチアでケントに会う。 ケントの武道の物語

クロアチアのケント連盟と協力して、訪問者は、シノイと呼ばれる竹で作られた「剣」の武道であるケントを紹介されます。 Kentoがどのように進化したか、どこでトレーニングできるか、トーナメントの定期的なエクササイズと戦いがどのように見えるかをご覧ください。 そして、ケントを除いて、刀(刀のハンドリング能力)である井田が展示されます。

12:10折り紙について話す:折り紙はクロアチアの折り紙協会によって提供されています

折り紙は、紙を動物、人間、物体などの立体的な形に折りたたむ芸術であり、17世紀に日本で特別な人気を博しました。 今日、それは世界中に広がり、娯楽に加えて、教育、芸術、科学、ファッション、建築においてその役割を果たしています。 この講演では、クロアチア折り紙協会の会長であるSanjaSrbljinoviććučekが折り紙とは何かを説明し、その発展についてもう少し明らかにします。

13:00十日町-クロアチアの友。 十日町の話

2002年のFIFAワールドカップでは、クロアチア代表チームが十日町にキャンプしました。 それ以来、十日町はクロアチアと特別な友情を築いてきました。そのため、クロアチアの建築家ベニックとロジナの計画に従って、2012年に当時のクロアチア駐日大使であるストンプク博士の主導で日クロアチア友好会館が設立されました。 建てられました。

東京2020オリンピック・パラリンピックの期間中、十日町は再びクロアチアの最高のアスリートを楽しませ、このクロアチアとのつながりについてもっと知るために、十日町で4年間コーディネーター(CIR-コーディネーター)を務めました。 国際関係のために)。

13:30日本の外務大臣がアントニオ・エルコフに賞を贈る

アントニオ・ゲルコビッチは、彼の仕事と献身により、クロアチアにおける日本の食文化の普及に大きく貢献してきました。 キオスクは、2011年に日本製品「デスティニオ東京」で人気店をオープンした後も、2016年もザグレブで最初の「居酒屋」レストランであり続けました。 この場所は、真の日本食愛好家のための場所としてすぐに認識されました。 残念ながら、トニーちゃんは2020年9月14日に予期せず私たちを去りました。 この機会に、ガジ大使は外務大臣のご家族に感謝状を贈呈します。 日本とクロアチア。

13:45閉会

クロアチアウィークリーニュースレターを受け取るためにサインアップしてください

READ  日本の火山が噴火:「最大警報」が発令されて市民が避難