5月 20, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本航空の新CEOは女性が社長になっても日本が驚かないことを望んでいる

日本航空の新CEOは女性が社長になっても日本が驚かないことを望んでいる

日本航空は、同社初の女性社長兼CEOに鳥取美津子氏を任命した。 希望の光は、日本航空初の女性社長兼最高経営責任者(CEO)として鳥取光子氏の歴史的な任命であり、女性が航空会社を率いるのは70年ぶりとなる。

鳥取氏を新CEOに迎えたことで、日本航空は女性が主導する日本企業の中で1パーセント未満にまで浮上した。 ほとんどのビジネスリーダーとは異なり、鳥取氏は企業の世界に初めて参入し、客室乗務員としてのキャリアから昇進を重ねてきた。

現在59歳の鳥取さんは、1985年に客室乗務員として日本航空に入社した。 30 年後、新しく任命された CEO は客室乗務員のシニア ディレクターに昇進しました。

彼のCEOへの昇格は業界に衝撃を与え、日本の報道機関は「もうだめだ!」と叫んだ。 見出しを使用しました。 「初の女性」と「初の元客室乗務員」には「並外れた」。

社内では、このマイルストーンの重要性を反映して、彼の任命は驚き、興奮、そして誇りが入り混じった反応で迎えられました。

「私は自分がファーストレディだとも、初の元客室乗務員だとも思っていません。私は個人として行動するのが好きなので、これほど注目されるとは予想していませんでした」と鳥取さんはBBCに語った。 「しかし、一般の人々もスタッフも私をそのように見る必要はないことは理解しています。」

日本の航空会社の最近のCEO10人のうち7人が国内トップクラスの大学で学んだことは、教育機会における男女格差を反映している。 しかし、鳥取県はそれほど有名ではない女子短期大学を卒業しており、女性への平等な教育の必要性を強調していた。

学力格差について鳥取さんは「企業リーダーの考え方だけではなく、女性が自信を持って管理職になることも重要だ」と付け加えた。

鳥取氏の任命は個人の功績であるだけでなく、行動への呼びかけでもある。 彼女は、自分の成功が他の女性たちに恐怖を克服し、リーダーシップの役割を果たそうと努力するよう促すことを望んでいます。 このニュースは、日本の当局が約10年にわたって女性リーダーの数を増やすために協調的な努力を続けてきた中で発表された。

日本航空は、同社初の女性社長兼CEOに鳥取美津子氏を任命した。 (写真:ロイター/加藤一成)

これらの取り組みには、企業取締役会におけるジェンダーの多様性の推進、女性向けのリーダーシップ研修の提供、ワークライフバランスを支援する政策の実施などが含まれます。 アジアの地域別では、日本はミャンマーとフィジーに次いで男女平等が最も悪い国として挙げられている。

ビジネスにおける男女平等の観点から、世界経済フォーラムの2023年世界男女格差指数によると、日本は他の先進7カ国に比べて大きく遅れをとっており、2022年から2023年の間に9ランク順位を下げることになる。

その原因としては、文化的規範、働く母親への支援の欠如、採用や昇進の慣行における性別による偏見など、さまざまな要因があります。 指数に含まれる 146 か国中、日本は 125 位にランクされています。

東京でのCNNとのインタビューでトトリ氏は、CEOとしての自身の進歩が他の女性たちにリーダーシップの役割を目指すよう促すことを期待していると語った。

「女性社員の中には、キャリアアップやライフイベントに悩んでいる人もいます。私が社長に就任したことを見て、勇気を与えたり、次の一歩を踏み出す背中を押したりできればと思っています」と鳥取氏は語る。

「早く日本が女性大統領になっても驚かない国になってほしいと願っています。」

「(女性の)管理職を本気で増やしていきたいし、それ以上に女性が活躍したいという気持ちが大事だと思うので、今後も増えていきたい」と語った。 が追加されました。

READ  日本で最も持続可能な都市ですか? 札幌でグリーンを着よう