6月 13, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本美術:イギリスの3つの展覧会で複数の作品を探る

日本美術:イギリスの3つの展覧会で複数の作品を探る

日本美術が太陽の光を受けて輝く中、英国の 3 つのギャラリーが、この国の木版画の伝統の多様性と多様性を示す夏の展覧会を開催しています。

ダルウィッチ絵画ギャラリーにて、Y押田:三世代にわたる日本の版画制作 吉田氏は、ヒロシとその妻フジオ、息子のトシとホダカ、ホダカの妻シズコと娘のアヨミの版画を英国国民に紹介する予定だ。 6月19日から11月3日まで開催されるこの展覧会では、英国およびヨーロッパで初めて、日本の有名な芸術王朝の作品が一堂に会します。

吉田博「雲井桜」

版画は、ほぼ 1 世紀半にわたる芸術の進化を示しています。1876 年生まれの一族の家長、博と藤尾は、20 世紀初頭の新版画運動の先駆者であり、伝統的な浮世絵版画に影響をもたらしました。 風景、俳優、そして売春婦。 彼らの息子たちはモダニズムと抽象化に挑戦しました。 1958 年に生まれ、現在も活動している孫娘のアイオミは、版画制作の枠を超え、木版のプロセスを解体し、そこから彫られた何百ものブロックとチップを部屋サイズのインスタレーションに組み込むことで知られています。

私はシャオミです

チチェスターのバラントハウスギャラリーでは、8月3日から10月13日まで「塩見ナナ:彼女の解釈」が展示されます。 塩見は日本に生まれ、英国王立芸術大学で学び、現在はロンドンに住んでいます。 レリーフと凹版の技法を組み合わせた彼の木版画は、ポール・セザンヌ、マルセル・デュシャン、アルブレヒト・デューラー、ジョルジョ・デ・キリコなどの芸術家を参照しながら、日本の木版画とヨーロッパの影響を組み合わせています。

彼女の作品は、イギリスと日本の間の文化交流、二元性の性質、東洋と西洋、国内外の考え方、そして視点の変化がもたらす視点の変化を考察し、日本の生活の象徴とポピュリスト的で哲学的な概念を組み合わせています。 。

より伝統的な方法では、ギルドフォード近くのサリーの田園地帯にあるワッツ ギャラリーには、美術史家で作家のフランク ミルナーが所有する 19 世紀の日本の木版画のコレクションから 50 点の作品が展示されています。

「江戸ポップ」と題されたこの番組は、東京と名付けられた 1825 年から 1895 年までの江戸の活気に満ちたエンターテイメント シーンを特集しています。 江戸は世界最大の都市であり、人口100万人を超える賑やかな大都市であり、売春宿が数多く存在する地域です。 、茶屋、浮世として知られる飲食店。 (上の写真)

浮世絵は、大衆芸術の一種です。 印刷版は、芸者や売春婦、力士や歌舞伎俳優などの芸能人と熱心なファンを結びつけました。

10 月 10 日まで開催される江戸ポップは、楽しくて面白くてとてもカラフルな旅にあなたを連れて行きます。 200 年間世界から閉ざされてきた国内の風景から、時代劇や情熱の物語まで、興味深く魅惑的な社会の側面を明らかにします。

北斎のような偉大で有名な芸術家は数十年前に生き、活動していましたが、このショーは主に、伝統と現代性が衝突した 19 世紀半ばから後半の時代に焦点を当てています。 江戸の絶頂期を自由に祝い、社会のあらゆる階層の人々が祭り、パフォーマンス、演劇を楽しんでいる姿を描いています。

「これらの版画は日本で非常に人気があり、手頃な価格でした。」と展覧会キュレーターのローラ・マッカロックは言います。「それらはヨーロッパでも非常に人気がありました。日本ではカラー印刷が非常に進んでいて、時代の最先端を行っていました。多くの芸術家が版画を収集しました。ロセッティ、ホイッスラー、モネ、ゴッホ。これらの作品は彼らの芸術に影響を与えました。

影響を受けた芸術家には、画家のジョージ・フレデリック・ワッツと陶芸家の妻メアリーが含まれます。 ワッツ ギャラリーは 1904 年に設立され、すべての人のための芸術を擁護するその姿勢は、日本の工芸版画家の大衆的な感性と手頃な価格に共鳴しました。

マカロック氏は、演劇やスポーツの有名人、芸者、美しい花魁のイメージはこのジャンルの典型だが、家庭内や日常の労働シーンの描写は比較的珍しいと付け加えた。

月岡芳年『火消の妻』(1888年)
月岡芳年『火消の妻』(1888年)

大衆文化は、菊川英山の「オイロン」(1830 年)、歌川国貞の「西側の相撲取り鏡輪」(1846 年)、豊原国親の「写真を見る芸者小菊」など、当時のスターの版画で表現されています。 (1870 年) しかし、月岡芳年の『火夫の妻』(1888 年) や、泣いている子供を連れた驚くほど優しい母親のような、不安な期待の瞬間が毎日あります。

展覧会のミザンシーンは素晴らしく、ピンクの背景とアートワークのビニールプリントが並外れた効果をもたらし、現代的なエッジを与えています。

展覧会を補完するために、現代日本の版画家、今田寛子が彫刻ギャラリーに美しい桜のインスタレーションを制作しました。

イベントに参加する場合は、近くのワッツ墓地チャペルを必ず訪れてください。 メアリーは、それを、豪華なテラコッタのレリーフ装飾とネオビザンチン塗装の内装を備えた、赤レンガのロマネスク様式の霊安室として想像しました。 これは、グレード 1 に指定されているユニークなケルティック リバイバルのアール ヌーボー様式です。

トップ画像:江戸ポップ

続きを読む

到着

タグ

日本美術、塩見菜々、月岡芳年、吉田博

READ  日本は米軍基地に関連するCovid事件の急増を食い止めようとしている| 日本