6月 23, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本画家がハワイに宛てた宇宙的なラブレター

日本画家がハワイに宛てた宇宙的なラブレター

マルコメ、日本 – 1974 年、猪熊弦四郎はハワイに新居を見つけました。 71歳の日本人アーティストは昨年東京訪問中に体調を崩し、ニューヨーク市にスタジオを建設する途中で州都ホノルルに立ち寄った。 20年間ニューヨークに住み、働いてきた猪熊にとって、ハワイは啓示だった。 7月の日記の中で、彼はここを「まったく新しい秩序のエデン」であり、アーティストが「アメリカでの2度目の第一歩」を踏み出す場所であると述べた。 その訪問後、彼はそこに家とスタジオを構え、ホノルルと東京の間で暮らしました。 1993年。

ジェネシロ 猪熊:ホノルル 丸毛弦一郎猪熊弦一郎現代美術館は、芸術家が亡くなる直前に設立され、彼の故郷に位置し、猪熊とハワイの重要な関係を探求しています。 彼にとってそれは無限の空間だった 創造的な自由と実験。 新しい環境に対する彼の興奮と好奇心は、この時期の生き生きとした大規模な絵画や親密な 35mm フィルム写真で展覧会全体を通して伝わってきます。 島の天気、自然、スタジオ周辺の風景を記録した猪熊の繊細なスナップショットは洞察を提供します。 彼がハワイで見たものだけではありません それが彼のビジョンをどのように形作ったのか。

ハワイと呼ばれるレインボーステート「レインボー Z1」(1976 年)では、彼の後期ニューヨーク作品の典型的な白黒グリッドが、鮮やかな色のストリップによって中断されています。 この街で何年も過ごした後、彼のダークなパレットと抑制された構図は、ハワイに頻繁にかかる虹を描いた、ますますオープンな色彩に置き換えられました。 展覧会には、猪熊がその現象を詳しく観察し、アーティストの車やスタジオの窓から撮影した虹の写真が数枚含まれています。

月面着陸の熱烈な支持者である猪熊は、テクノロジーと宇宙の間の現代の対立に魅了されました。 ハワイは彼に晴れた暗い空をもたらし、現場の写真にはスタジオの窓の近くにある望遠鏡が映っていた。 作品タイトルには星や星座、ロボットなどが繰り返し登場し、『宇宙は機械二号の遊び場』(1981年)では、鮮やかな青色の背景に角ばった赤い衛星が浮かんでいる。 この作品や他の作品では、キャンバスの端が猪熊の形を切り取っており、それがより広い領域に属していることを示しています。 宇宙の宇宙フィールド。

猪熊はハワイのユニークな植物の代名詞とみなされました。 彼のスタジオでは、花、枝、葉、種子のさやの写真が、幾何学的なつぼみと茎を特徴とする「Sprouting Age」(1985) などの有機的なフォルムと並べられています。 真っ白な背景に、形が互いに向かって伸びています。 そして、「Warts in the Plaza」(1984)を支配する鮮やかなピンクの色調は、間違いなく猪熊のホノルルスタジオの下にあるヤシの木が並ぶ広場からインスピレーションを得たもので、トロピカルフルーツや新鮮なハイビスカスの花の果肉から直接出てきたようです。

晩年に新たに家を建てるのは大胆な決断だったが、猪熊はさまざまなスタイルで仕事をし、パリに住んでいた時期を除いて日本でキャリアを確立し、すでに50代を過ぎた頃にニューヨークに移住した。 それ。 この展覧会が示すように、彼は人生と同じように芸術においても冒険的で革新的で幸せで、虹とヤシの木から引き出された新しいエネルギーを作品に吹き込んでいます。

猪熊弦一雄:ホノルル 丸亀は猪熊弦一郎現代美術館(浜町80-1)で続きます。丸亀市)6月2日まで。 展覧会のキュレーションは竹崎美月が担当した。

READ  日本のジェラート ピケはジェラートの会社ではないのですが、ジェラートは美味しいですか?