12月 7, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本沖の観光船から7人が行方不明になっているのが発見された日本

日本北部の北海道沖で26人が行方不明になった観光船から7人が行方不明になっていることが判明しており、日曜日にさらに3人が発見された後、彼らがまだ生きているかどうかは不明です。

沿岸警備隊の関係者は、3人の男性の状態は明らかではないと述べたが、NHKは彼らが無意識であると報告した。 日曜日の朝に発見された他の4人は無意識で、すでに病院に運ばれていたと当局者は語った。

シロドコ半島の先端で4つすべてが発見されたが、沿岸警備隊は、彼らが生きたまま救助されたかどうかは確認できないと述べた。

当局は土曜日にKazu1との連絡を失い、船の後ろが浸水し、沈み始めたとNHKは報じた。

NHKは、乗組員が救命胴衣を着用しており、ボートが30度の角度で回転していると報告した。 2人の子供と2人の乗組員を含む24人の乗客がいました。

現地時間午後1時15分(GMT午前4時15分)に、沿岸警備隊はボートから情報を受け取り、5隻の巡視艇と2機の航空機を捜索に派遣したとNHKは述べた。 最初の救助隊が現場に到着するまでに約3時間かかったと言われています。

日本の斉藤鉄夫運輸相は、土曜日の午後11時(GMT午後3時)の記者会見で、船、乗組員、乗客はまだ特定されていないと語った。

海上保安庁によると、捜索は夜通し続くという。

この地域の4月の平均海水温は氷点下をわずかに上回っていると言われています。

東京大学の海洋科学教授である山田義彦氏は、ボートが高波に流され、損傷を受けて海に沈んだ可能性があると述べた。

その大きさのクルーズ船は通常救命ボートを運ぶことはなく、強風から保護するために窓が閉まっているため、乗客は沈没船から飛び降りることができませんでした、と山田は続けました。

船の運航会社であるシルドコ・プレジャー・クルーズの関係者は、不安な乗客の家族からの電話に応答することを優先しなければならないため、詳細は開示できないとAPに語った。

TBSテレビとのインタビューで、水救助・生存研究協会の副会長である阿部淳は、寒さと強風が旅行者を低温の危険にさらす可能性があると述べた。

観光会社のホームページによると、船には65人が乗っているそうです。 オペレーターによると、ユネスコの世界遺産に登録されている知床半島周辺のツアーは、通常3時間続きます。

日本の国境は政府の規則により観光客に閉鎖されているため、日本への訪問は居住者と日本人のみに制限されています。

NHKによると、カズ1は土曜日の午前10時にウトロ港を出発し、午後1時に帰国する。 波が高かったので、その地域の漁船は真夜中に港に戻った。

NHKによると、北日本の白戸子半島にあり、カシヌ滝に近いとされている。

日本の岸田文雄首相は、国の南部で行われた2日間の首脳会談に出席したが、事件に対処するために東京に戻ったと言われている。

READ  Equisが日本のバイオマス発電所への融資を確保