12月 9, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本沖で転覆した観光船により、少なくとも10人が死亡、16人が行方不明となった

沿岸警備隊は、日本の北の島の冷たい海で観光船が失踪した後、救助隊によって発見された10人の死者を確認しました。

当局は、北海道北部のシラドキ半島で巡視船、飛行機、ヘリコプターで土曜日に立ち往生したキャッシュI船に乗った2人の子供を含む残りの16人をまだ捜索している。

沿岸警備隊は、発見されたもののうちの9つが水中または近くの岩の上にあったと言いました。

地元の水産協同組合の関係者によると、3月下旬には周辺の海に滑り氷が見られ、この時期の水温は約2℃から3℃になるとのことです。 「そのような水の中の数分で、あなたの意識は衰え始めます」と彼は言いました。

この地域は野生生物や山々で有名で、ボートは観光客が海岸沿いでヒグマを見つけているのを目にします。

カズIの乗組員は土曜日の午後に沿岸警備隊に船が浸水したことを警告した。 約1時間後、彼らはボートのオペレーターに連絡し、それが30度の角度であると言われた、と京都ニュースが報じた。

沿岸警備隊によると、ボートに何が起こったのかは明らかではない。 カズIを監督した会社についてコメントする人は誰もいなかった。 京都は土曜日の正午頃に波と強風がさらに見られたと述べた。

カズIは今シーズンこの地域で運航する最初のクルーズ船であると通信社が報じた。 京都によると、昨年5月に浮体に衝突して3人が負傷し、6月に出港直後に浅瀬に沈んだ。

READ  日本の洋上風力発電は、大きな可能性を秘めた大きなチャンスを提供します