10月 6, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本株:投資家が中央銀行の会合を待つ中、日本株は上向きに上昇

投資家が来週の連邦準備理事会のシンポジウムを待ち望んでいたため、金曜日の日本株は横ばいで取引を終えた。

日経平均株価は 0.04% 下落して 28,930.33 で取引を終えた後、0.53% 上昇して 29,000 を突破しました。 指数は木曜日に 0.96% 下落しましたが、1 週間で 1.07% 上昇しました。

ブロードトピックインデックスは0.2%上昇しました。

円は独自のベンチマークをテストし、7 月 28 日以来初めて通貨に対して 136.38 まで上昇しました。 それは136.27で最後に取引されました。

投資家がFRBの議事録や当局者の公式声明を精査し、FRBの利上げ経路のヒントを得たため、今週の市場は動揺しませんでした。

「中長期投資家は消化するまで動かない [Fed chairman Jerome] パウエル氏は来週、ジャクソンホールに姿を現すだろう」と、東海東京研究所のシニアストラテジストである中村隆氏は語った。

ある国内債券会社の市場参加者は、「現在、多くの株が利益を上げているが、ファストリテールのような最近の上昇につながったインデックスへの主要な貢献者の一部が弱いため、全体的な動きは鈍い」と語った.

日経平均構成銘柄 225 銘柄のうち、145 銘柄が値上がり、73 銘柄が下落、7 銘柄が横ばいで取引を終えた。

ユニクロなどのアパレル ブランドを運営するファーストリテイリングは 1.25% 下落し、オーバーウエートによる指数の最大の足かせとなりました。

ファーストリテイリングの創業者兼最高経営責任者である柳井正氏は、円安が輸入の多い事業に及ぼす影響について率直に語り、円安には「まったくメリットがない」と語った.

コンピューター セキュリティ企業であるトレンド マイクロ社は、3% 減の最大の敗者でした。

医薬品メーカーの第一三共は2.62%下落し、ガラス会社の日本板硝子は木曜日に5.28%上昇した後、2.69%下落した。

電気部品メーカーのフジクラが6.6%上昇し、最高の業績を上げた。

エネルギー部門は全体で 1.45% 上昇し、0.89% 下落しました。 (Sam Byford と Tokyo Market Group による報告、Vinay Dwivedi による編集)

READ  Hella(ドイツ)、Hokuto Dengue(日本)、Nippon Seiki(日本)、Ohisumi(日本)、Shipoura Electronics(日本)、Toho Shipoura Electronics(日本)、TT Electronics(英国)-ボリウッドチケット