3月 3, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本最大の魚市場は、より多くの観光客を呼び込むためにスパと65のレストランを追加します

日本最大の魚市場は、より多くの観光客を呼び込むためにスパと65のレストランを追加します

ダイニングエリアで食事をしたり、リラックスしたりすることができます。

広告

日本最大の魚市場は、より多くの観光客を呼び込むために、待望のシーフードレストランとスパをオープンしました。

豊洲鮮客パンライには、武家時代の街並みを模したフードコートがあり、約 65 軒のレストランが近隣の市場で獲れた新鮮な食材を提供しています。

スパやホテルの訪問者と合わせて、東京当局は年間 260 万人の訪問者を魅了しています。

東京都の小池百合子知事は「都民や国内外からの観光客に新鮮で質の高い料理を味わっていただき、多様な食文化を楽しんでいただければ」とあいさつした。 開会式にて。

「屋内と屋外の組み合わせがこの地区をさらにエキサイティングなものにするだろうと信じています」と彼は付け加えた。

木曜日に扉が開くとすぐに観光客が殺到し、その多くは江戸風の料亭や屋台の写真を撮っている一方、マグロの棒刺しやその他の魚介類を販売する屋外の屋台に並んだり、鰻屋で朝食をとったりする人もいた。 。

豊洲市場について

新しい豊洲市場は、最新の技術と魚を含む魚の慎重な安全性検査を提供します 福島。 しかし、市場があった築地のような開放的で賑やかな雰囲気はありません。

豊洲は都心からアクセスが悪い 東京 築地と比べて銀座から徒歩圏内にあり、ランチタイムには屋外の市場やレストランが世界中からのオフィスワーカーや観光客の食事に利用されます。

豊洲の水産物取扱量は、漁獲量の減少や小売店や飲食店が業者から直接仕入れる動きなどにより、移転前の40万トンから2023年には40万トンに減少する見通しだ。

市場関係者や専門家は、豊洲千客万来(「何千もの客がいて、忙しいビジネス」)には、特に海外からの観光客が引き続き増えると予想している。 最近、卸売業者の中には、より魅力的なメニューを提供するために新しいメニューに挑戦しているところもあります。

予定より遅れて市場が開く

当初は2019年にオープン予定だった 東京オリンピック 関係者によると、築地からの魚市場の移転、豊洲の屋外セクションは計画の遅れとコロナウイルスのパンデミックにより予定より4年遅れている。

築地からの魚市場の移転は、もともとガス工場だった新しい場所の地下水に有毒化学物質が含まれていることが判明したため、2016年に当初延期された。

READ  韓国、日本、中国が4年ぶりに協力再開で合意