2月 25, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本最大の鉄鋼メーカー、水素注入により試験高炉の排出量が3分の1削減されたと発表

日本最大の鉄鋼メーカー、水素注入により試験高炉の排出量が3分の1削減されたと発表

日本最大の鉄鋼メーカーである新日鉄は、高温水素を圧入することにより、小規模実験高炉からの排出量を1か月にわたる試験で33%削減し、CO削減量としては最高となったと発表した。2 さらにこの方法で。

新日鉄がH社の買収を示唆2 コークス炭を可能な限り多くの水素で置き換えることを目的とした「製鉄所の外」のスーパーコース50プロセスについては、高炉内のコークス炭に分子のどの割合が使用されたか、またそれが化石から製造されたかどうかは明らかにされていない。 ガスまたは電気分解。

鋼を製造するには、まず「還元」と呼ばれるプロセスで鉄鉱石から酸素を取り除く必要があります。 これは伝統的に、高炉でコークス炭を使用することによって行われ、鉄鉱石が還元され、金属を溶かす大量の熱が発生します。 ただし、これは大量の排出を伴うプロセスです。

水素はコークスの代わりに直接還元剤として使用できますが、水素は外部加熱ではなく内部加熱されるため、この反応を持続させるのは困難です。つまり、鉄を溶かすための熱がありません。

スウェーデンの H2 Green Steel などの一部の企業は、水素で鉄鋼を直接還元し、再生可能な電気炉を熱に使用することを計画しており、これにより理論的には排出量を 95% 削減できる可能性があります。

タタ・スチールやティッセンクルップなど他の大手鉄鋼メーカーもH.2 噴射は既存の高炉の寿命を延ばすために使用されますが、これらの試験による排出削減量はごくわずかです。

記事は広告の下に続きます

例えば、タタ・スチールがインドのジャムシェドプール製鉄所で40%の水素を注入した場合、高炉内のコークス炭の10%が置き換えられ、排出削減量はわずか7~10%にとどまった。

日本製鉄は水素圧入により既存高炉の排出量を50%削減することを目指しており、すでに8月にCO2の22%削減を発表していた。

日本の鉄鋼メーカーは、高炉でコークス炭を燃焼させる際に生成される水素をリサイクルするコース50技術を石炭還元剤として使用することを計画している。 そして、2050年までに外部から購入したH2を注入するSuper COURSE50プロセスを使用します。

両方の水素注入技術は、研究開発会社 NEDO からの資金提供を受けて開発されました。その資金は最大 1,935 億円 (13 億ドル) を費やしました。 新日鉄主導の包括的な脱炭素化プログラム

READ  日本は沖縄変更50周年を記念してコインを発行する予定です