7月 1, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本最大の寿司チェーンが値上がりの中で初めて値上げ

日本最大の回転式寿司チェーンであるすしろは、材料費の高騰と利益の減少に対応して価格を引き上げます。

あきんどスシロは、販売・販売店数で日本最大の寿司チェーンです。 1984年の創業以来、ニジェール寿司2枚のラインの前に、チェーンは100円(0.75米ドル、0.70ユーロ)の価格を維持してきました。 ただし、円安に伴い、原材料費、輸送費も下落します。 同社によれば、収益性が低下し、現在の製品品質を維持するためには、値上げは避けられないという。

熊本市の親会社であるあきんどスシロ株式会社は、決算期の10月1日から値上げを実施すると発表した。

スシロには3つの価格レベルがあり、プレートの色で分けられています。 現在、10%の国産消費税で、黄色い食品は110円から120円(0.85米ドルから0.92米ドル、0.79ユーロから0.86ユーロ)、赤い食品は165円から180円(1.127米ドルから1.127米ドル。1.18ユーロ)です。そして、黒物食品は330円から360円(2.54ドルから​​2.77ドル、2.36ユーロから2.58ユーロ)。

上記の価格は、通常、チェーンの現在の店舗の大部分を占める同社の郊外の店舗の価格です。 近年、あきんどスシロは人口の多い地域での都会的な店舗の成長に重点を置いています。 アーバンストアには、割り当てられたテーブルを見つけるのに役立つ自動ナビゲーションシステム、注文した食事をすばやく配達するための2番目の高速コンベヤーライン、テイクアウトの注文を出すためのスマートフォン操作のロッカーシステムなどの追加機能があります。

同社によれば、都市部の店舗や一部の「準都市部」の店舗は、これらの地域の賃料の上昇を反映して価格が高くなる可能性があるという。 都市部および準都市部の店舗の価格体系はまだ発表されていません。 5月10日から11日まで、チェーン内の640店舗すべてが同時に閉鎖され、タイプ別に指定された設備の改修と設置が行われました。

食品・生命会社は、熊本に本拠を置く養殖会社である拓弘と、マリンバスと呼ばれる合弁養殖ベンチャーの設立と垂直統合を試みることを発表しました。 この新しい合弁事業は、遺伝子編集の新興企業と協力して育てられた魚種のパフォーマンスを向上させることを目的としており、食品および生活企業は海外、特に中国での事業拡大を計画しています。

食品・生活企業は、10月から3月までの半期の業績を統合し、純利益は前年同期比で28%減少した。 スズキ国内事業では、売上高は2%増、営業利益は3分の1減となりました。 2021年にFoodandLifeに買収されたKyotoSushiチェーンは、9億円(680万米ドル、6,640万米ドル)の損失を出しました。

6月2日に発表された同社の最新の月次売上データは、暦年の上半期が2021年の同時期よりも95.7パーセント高かったことを示しています。 しかし、4月と5月には、それぞれ105%と107%に回復しました。 それぞれ。

食品・生命会社は、2022年9月期の連結純利益が前年度から34%減少すると予想していると述べた。 営業時間の制限を撤廃することで、売上高は前年比23%増となるが、前回予想から5%減となる。 営業利益は、店の家賃と流通コストの増加により、30%減少すると予想されています。

写真提供:Sarunyu L / Shutterstock

READ  日本では、13のストックビルがブロックされた逃げ道で発見されています