6月 24, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本最大の労組が賃上げで早期合意に達した

日本最大の労組が賃上げで早期合意に達した

[東京 9日 ロイター] – 日本最大の労働組合の労働者は、生活費が上昇し、企業が労働危機の中で従業員を保護するのに苦労しているため、賃上げに関して雇用主と最初の合意に達した、と組合員は木曜日に述べた。

前例のない動きで、サービス、繊維、供給部門の労働者を代表する UA Jensen の傘下にある 18 の組合は、「Shundo」として知られる、注目を集めている年次賃金交渉の暫定的な結果を発表した。

この取引は、日本の最大の雇用主による3月15日の春道決算発表のほぼ1週間前に行われます。 これらは歴史的に、4月に始まる会計年度の賃金上昇の先例となっています。

組合員は記者会見で、18の組合すべてが雇用主と平均5.28%の賃上げに合意したと語った。

岸田文夫首相は、生活費の上昇を相殺するために企業に3%以上の賃金引き上げを求めている. 日銀は、持続可能な需要主導のインフレを達成するのに十分なほど賃金が上昇することを切望しています。

最新のアップデート

あと2話見る

岸田内閣は、神道の成果が期待される3月15日に労使合同会議を開き、賃上げを推進する方針だ。

UA Zensen傘下の組合とは別に、自動車メーカー協会を含むいくつかの他のグループも、3月15日の締め切りよりも前に、より高い賃金に対する労働需要が満たされていると発表した.

梶本哲志によるレポート。 サム・ホームズによる編集

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  日本のアパレル輸入額は2023年4月に13%増の2,557億3,600万円となった