7月 26, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本政府委員会のメンバーは、賃金上昇を監視している企業に助けを求めています


ファイル写真:コロナウイルス病(COVID-19)の発生の中で、安全マスクを着用した歩行者が2021年2月2日に東京に旅行します。 ロイター/キム・ギョンフン/ファイル写真

ライカ木原脚本の作品

東京(ロイター)-日本は、主要な政府グループのCOVID-19の流行の影響を受けた民間観光会員、観光、レストラン、その他のサービスへの支出を削減するための取り組みの一環として、賃金を引き上げようとしている中小企業への援助を増やすべきです。 水曜日に言った。

エピデミックの復活により、政府はオリンピック開催都市である東京に新たな非常事態を課すようになりました。これはスポーツ全体およびそれ以降も続き、今四半期の開発における強力な復活への政策立案者の期待を打ち砕きます。

政府の高等経済評議会に提出された計画の中で、「景気回復を達成するための鍵は、流行によって失われたサービス消費を活性化することです」と経営幹部と学者のグループは述べました。

日本は、観光、イベント、レストランがワクチンに近づかないように奨励する必要があります。これは、今年後半まで消費の継続的な回復につながる可能性があり、「柔軟な」政策措置の必要性を強調しました。

民間部門のメンバーの計画は、政府の優先事項を強調し、政府の経済政策の基礎を築くために使用されます。

菅義偉首相は水曜日の評議会で、年末まで流行の影響を受けた企業に特別雇用助成金が支給されると述べた。

この動きは、特に中小企業が従業員に支払う賃金を下げるため、企業に賃金の引き上げを奨励する政府の取り組みの一環となるでしょう。

彼は、インフレを克服し、住宅により多くの購買力を与えるために、政策の優先事項の中で日本の最低賃金を引き上げました。

影響力のある政府の委員会は先週、現在の会計年度の全国平均最低賃金を1時間あたり3%に引き上げることを推奨しました。

(ライカ木原による報告)

(C)Copyright Thomson Reuters2021。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

READ  福音映画10億円が興行収入を上回った