2月 3, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本政府、日銀との共同声明の改訂を検討へ – 情報筋 | WKZO | WKZO | すべてのカラマズー

[東京 29日 ロイター] – 日本政府は来年、日銀が2%のインフレ目標を「できるだけ早く」達成するよう求めた2013年の日銀との共同声明の修正を検討する予定である、と情報筋はロイターに語った。

修正がある場合は、4 月に新しい日銀総裁が任命された後に行われる、と彼らは述べた。

そのような見直しが必要かどうかについて政府内でコンセンサスは得られておらず、もしそうなら、どのような変更が行われるかは新知事の見解に依存するだろうと、この問題に詳しい4人の政府と与党の関係者は述べた.

しかし、岸田文夫政権の一部の当局者は、デフレ打倒策に焦点を当てた10年前の報告書の改訂に熱心であり、最近のインフレ率の上昇とは同期していないと述べた.

政府関係者は「日銀総裁が変わるので、新たな声明が出される。 「しかし、新しいものがどのように見えるかについてはまだ決定はありません」と情報筋は言いました. 二等航海士は、その感情を繰り返しました。

3人目の当局者は、「政府の目標をより反映するために声明を修正する必要があると政府が判断した場合、修正が行われる可能性がある」と述べた。

情報源はすべて、公に話す権限がないため、匿名を条件に語った。

修正の可能性と政府による次期日銀総裁の選出に関する議論は、来月激化するだろう、と情報筋は語った。

共同通信社は土曜日、政府が日銀のインフレ目標をより柔軟なものに変更するために共同声明を修正する予定であると報じた。

(取材・梶本哲史、山口貴也、追加取材・竹本好文、月山健太郎、木原ライカ、執筆・木原ライカ、編集・ブラッドリー・ペレット)

READ  東京のスーパーマーケットで、日本企業の苦戦の兆し