6月 28, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本感染症対応本部

政治的ライフスタイル


東京、5月31日(新華社)-日本政府は、感染症と戦うための命令を遵守するために新しい機関を設立することを検討している、と政府筋は火曜日に言った。

この動きは、新しいコロナウイルス感染に対処する際の省庁間の調整の欠如に対する批判の中で起こります。

岸田文雄首相は昨年、自民党の大統領選挙で健康リスク管理機関の設立を提案した。

日本は、6月上旬に予定されているCOVID-19に対する政府の過去の対応を検討する専門家委員会の勧告に基づいて、感染症との闘いを強化するための措置をまとめる予定です。 エピデミック対応本部の計画を含む活動が見られます。

現在、コロナウイルスに関連する問題は、内閣事務局のコロナウイルス管理局や保健省の結核感染症管理課など、さまざまな政府機関のさまざまな部門によって処理されています。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

ジジプレス

READ  日本はアジアの資格のあるチームリーダーに近づいています