8月 20, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本南西部では伝統的なタンニンコーティングファンの生産が増加しています

熊本県山鹿市-コロナウイルスの大流行で売り上げが落ち込んだ今シーズン、注文が回復したため、日本の南西部の都市にあるスタジオで伝統的な日本のファンの生産がピークに達しています。

栗川商店は、江戸時代(1603〜1867年)の竹の額縁と柿タンニンを使った和紙を使った「くたみ渋内和」のファンを生み出しています。 未熟なナツメヤシを熟成させたタンニン抽出物であるクラッシュブルーは、虫除けや紙の耐久性に高い効果があると言われています。

パンデミックによりいくつかのフェスティバルが中止され、企業はファンを顧客への贈り物として送ることを避けたため、ファンの売上は減少しました。 今年の注文数の増加により、ストアは8月までに30,000〜40,000人のファンを出荷するようになりました。

「人々は(夏のエネルギー危機の中で)節電を求められ続けているので、これらのファンと一緒に冷やすことができると信じています」と、店の5代目社長である栗川恭平さん(31)は述べています。 雨季の終わりに続いて、夏の暑さは日本中で蒸し暑いです。

(九州写真部徳野典子による日本語原作)

READ  厳しい年が落ちたため、アジア株は上場されなかった