5月 23, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本初のレーザー核融合会社であるEX-Fusionは、シード前ラウンドで1億3000万円を調達し、核融合の商業化に必要な主要部品の開発への道を開いた。

資金は、商用核融合炉を構築するためのレーザーシステムの継続的な監視と継続的な注入を可能にする対象となる材料と技術を開発するために使用されます。

大阪、日本2022年4月18日 / PRNewswire /–EX-FusionInc.の最初のスタートアップ 日本 レーザーベースの核融合エネルギーの商業化を目的として、 2022年3月31日 シード前の資金調達ラウンドを終了しました 1億3000万円。 ANRI、A.プレシードラウンド 東京 大阪大学ベンチャーキャピタル(OUVC)との提携により、ANRIの最新のESGは、特定のファンドから資金提供を受けた最初の企業です。

EX-Fusionチーム写真、左から右へ:高橋健二郎、紀松隆義、松尾一樹、森義坂、増田浩一

この基金は、レーザーを動力源とする核融合炉の商業化の基礎となるEX-Fusion連続ターゲット分配システム(CTSS)とレーザーターゲット追跡システム(LTTS)の開発を加速するのに役立ちます。 EX-Fusionは、2つのシステムを組み合わせることにより、高出力パルスレーザーを使用した高周波偵察レーザープラズマ実験の可能性を実証し、連続レーザー融合反応で中性子を連続的に生成する能力を実証することを目的としています。

EX-Fusionと共同で設立 松尾一樹ポスドク研究員 カリフォルニア大学サンディエゴ校藤ヨガ真輔レーザー工学研究所教授 大阪 大学、そして 毛利嘉孝新しいフォトニクスビジネスを創造する大学院の准教授。

「核融合は、私たちの世界的なエネルギー需要を満たし、2050年までに世界がカーボンニュートラルを達成するのを助けるための解決策であると信じています」と松尾氏は語った。 「さらに、レーザーベースの核融合の事業運営に関連する基礎技術に焦点を当てた研究開発により、クリーンエネルギーを手頃な価格で迅速に確保できます。これは、継続的なターゲット注入とレーザーターゲティングが10Hzまたはより高い。」

鮫島正博ANRIのパートナーは、

「私は、新しいエネルギー源になる可能性のある核融合の取り組みを生み出すことを期待して、研究者たちに独自の取り組みを確立することを奨励してきました。 日本。 EX-Fusionのリリースを最初からサポートできることをうれしく思います。 合併ビジネスベンチャーへの投資は、世界中の合併技術の実現に向けて加速しています。 日本 蓄積された資金の面ではるかに遅れています。 しかし、私たちはこれについて悲観的ではなく、EX-Fusionの独自の技術を洗練し、世界の舞台で競争できることを証明することを約束します。 また、このレーザー技術を金属製品の加工や半導体の製造など、さまざまな分野で活用していきたいと考えています。」

ヒロイユウスケOUVCへの投資方針は次のように述べています。

「商業用核融合発電の形で究極のクリーンエネルギーを提供することを使命とするX-Fusionグループに投資できることを非常に嬉しく思います。商業的に最も実行可能な方法の1つと考えられています。 大阪 過去50年間、大学はEX-Fusionレーザー核融合の進歩と技術の商業化への道を開いてきました。」

EX-FusionはLaserEngineeringCompany(ILE)と提携しています 大阪 この技術は、大学、新フォトニクスビジネス開発研究科(GPI)、およびいくつかの民間企業によって開発されています。 ILEとの共同開発プロジェクトには、核融合反応室内の高エネルギーパルスレーザーシステムに対して物体ターゲットを連続的かつスムーズに配置できるCTSSの開発が含まれます。 GPIとのコラボレーションは、LTTSの作成に焦点を当てます。これにより、複数の光線をリアルタイムで整列させ、エネルギーを最大の効率で原子炉ターゲットに向けることができます。

EX-Fusionについて

EX-Fusionは 日本-拠点を置く民間企業は、発電用の最初の商用レーザーベースの原子炉の開発を目指しています。

レーザー核融合は、高出力レーザーを使用してエネルギーを取得し、重水素とトリチウムの混合物を高密度に加熱して高温に加熱し、核融合反応を引き起こす方法です。 研究は主に米国で行われています。 日本フランス英国、 中国ロシア

米国では、 2021年8月、ローレンスリバモア国立研究所の国立点火施設(NIF)での実験では、レーザー入力パワーの70%を超える1.35メガジュールの核融合出力が達成されました。 レーザー法を用いて核融合燃料に着火・燃焼できることが証明された。

一方、商業用原子炉を建設するには、(i)核融合反応段階の核融合反応の性能を約10Hzの再発率で改善し、核融合エネルギーを回収して消費エネルギー形態に変換する必要がある。電気や水素など。 の 日本(i)核融合反応発生の効率を上げるために、高密度核融合燃料をレーザーで外部から加熱する高速点火方式に焦点を当て、効率の向上が期待される実験を行っています。 レーザー工学研究所(ILE)のGEKKOXIIおよびLFEXレーザー 大阪 大学。 創設者、 松尾一樹 彼は高速点火の主要な研究者の一人であり、最速の点火タイプの反応で世界記録を保持しています [1]。 最近の結果は、エネルギー高等研究計画局(ARPA-E)が発表した世界的な核融合研究の要約にまとめられています。 国連 [2]。 また、(ii)専務取締役の森は、高周波再循環レーザーによる融着生成について、新フォトニクス産業開発研究科(GPI)の主要メンバーとして、トヨタ自動車株式会社等と共同研究を行っています。 。 浜松ホトニクスが開発した高出力レーザーを使用するパートナー企業 [3]

当社は、栽培されたレーザー核融合に関する知識を統合するために設立されました 日本 そして、市販のレーザー核融合炉を実現します。 現在、10Hzの連続ターゲットフィードシステムを交換しています [4] 当社は、新しいフォトニクスビジネスを創造するための大学院を所有しています。 この技術をコア技術として、パートナー企業の協力を得て研究開発を開始します。

[1] 松尾健一ほか、Phys。 牧師させて。 124、35001(2020)。

[2] サミュエルe。 ヴェルサイユ、スコットc。 H RXIV:2105.10954 V4(2022)

[3] Y。 森ら、J。 プラズマフュージョン解像度。 97巻352-364(2021)(日本語)。

[4] Y。 Mori et al。、「Ten-Hertzビーズペレット注入とレーザー関与」Nucl。 融合。 NF-104796.R1(2021)

EX-Fusionの企業ロゴ

EX-Fusionの企業ロゴ

弟子

弟子

マルチメディアをダウンロードするには、元のコンテンツを参照してください。https://www.prnewswire.com/news-releases/japans-first-laser-nuclear-fusion-company-ex-fusion-raises-130-million-jpy-in-pre-seed-round-paving-way-核融合-商業化に必要な重要なコンポーネントの開発-301526928.html

ソースX-Fusion

READ  ウォール街の記録の後、アジアの株式は上昇し、日本のインフレは低下する