9月 19, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本初のデュアルフューエル水素ボートが完成

ハイドロビンゴはデュアル燃料水素燃焼エンジン(砂)を使用

2021年7月13日午後1時53分に投稿

海事管理者

デュアル燃料燃焼エンジンを搭載した世界初の水素燃料旅客船が日本で建設を完了し、水素技術開発の次の段階として展開する準備をしています。 この船は、ベルギーのCMPTechのこれまでの取り組みを拡張しており、同社が水素のみで動作する次世代エンジンに移行するにつれて、さまざまなエンジンサイズを開発する計画の一部です。

スナシクラフトアンドファシリティーズ株式会社。 CMPTechと共同で新しいボートを開発しました。 船、 ハイドロビンゴ、2人の乗組員で80人の乗客を運ぶことができる19トンの2デッキの客船です。 船はアルミニウム合金製のカタマランで、水素とディーゼル燃料を組み合わせた水素並列燃焼エンジンを搭載しています。

船で使用された他の発明の1つは、船の後ろにある可動式水素貯蔵タンクでした。 軽油から並列燃焼までの別のラインを介して水素をエンジンに供給するように設計されています。 タンク設計の利点は、水素を供給するために水素充填装置や輸送を必要としないことです。 給油は、ロールオン/ロールオフ水素貯蔵を介してトレーラーで行われます。

船には2つの水素と軽油の並列燃焼エンジンがあります。 それはまだディーゼルを使用しているので、船はゼロエミッションではありません。 「炭素の削減は、水素とディーゼルの比率に基づいており、使用量に応じて50〜80パーセントの範囲です」とCMPは説明します。 「このソリューションは、給油とバンカーインフラストラクチャの作成を可能にする消費需要を生み出す場合に最適です。」

船の長さは63フィートで、巡航速度は18〜22ノットと予想されます。 この船は、日本の内水での操業と操業のために、日本の水素化学会社Tokyomaによって動力を供給されます。

ザ・ ハイドロビンゴ 以前の旅客宇宙船は、最初のクルーズ船で学んだ情報を追跡して使用し、水素の貯蔵能力を向上させました。 CMPは、Sunashiと共同で、開発プロジェクトの一環として、水素燃料グループ移送船と水素タグボートを建造します。

「私たちはすでに水素でのみ動作する次世代エンジンに取り組んでいますが、インフラストラクチャが成熟して初めて使用できます」と、CMB.TechUKのマネージングディレクターであるPaulTurnerは述べています。 「段階的なアプローチが必要です。 私たちの最初の仕事は、純粋な水素エンジンがエンジンを消耗することなくほぼすべてのレベルで実行できることを示しています。 」

スネシはこれまで電気推進船などの環境にやさしい船を開発・開発してきましたが、その技術開発により水素燃料を利用したゼロエミッション船の確立を目指しています。

READ  オリンピック-馬術-英国のマハーが金メダル、スウェーデンが銀メダルを獲得