9月 19, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本企業は商品インフレの影響を受けた支出を徐々に上回っている:ロイター世論調査


ファイル写真:コロナウイルス病(COVID-19)の発生後、2020年3月27日に日本の東京のスーパーマーケットに安全マスクを着用した買い物客が現れます。 ロイター/加藤一世/ファイル写真

梶本哲史脚本の作品

東京(ロイター)-ロイターの調査によると、日本企業の3分の2は、原材料の増加または世界的な商品市場の上昇に対して顧客に支払い、輸入コストを押し上げ、政府19の流行の中で収益を圧迫している。

一部の日本企業は、今年後半にコア製品とサービスの価格を下げることを検討していますが、大多数は、価格が上昇し続けるか、変わらないままであると示唆しています。

企業調査では、20年近くのデフレの間に観察された価格設定の位置からの逸脱が特定されました。この位置では、価格の上昇がコスト意識の高い顧客を追い払うのではないかという懸念から、企業は商品やサービスの価格を引き下げています。

この変更により、日本銀行(BOJ)の政策立案者は、企業の持続可能な価格設定行動と国民の適応的なインフレ期待に一部起因する、頑固に弱いインフレを相殺するようになります。

「私たちは価格を上げるために顧客と交渉する準備をしています」と紙パルプ会社のマネージャーは調査の匿名性について書いています。

「同時に、購入と購入リソースを多様化することでコストを削減します。」

6月30日から7月9日の調査では、503の大中規模の非金融会社が240の回答を受け取り、15%が原材料の価格を顧客に送ることができたと述べ、46%が次のルートを検討し、39%がそうではありません。

過半数の過半数がコア商品とサービスの価格を今年後半に安定させ、45%が値上げを期待し、3%が値下げを計画しています。

それに比べて、1年前に実施された前回の調査では、4分の3の企業が価格を一定に保ち、17%引き下げるが、8%だけが値上げを計画していることがわかった。

株式会社の3分の2は、今年度、世界の商品支出を増やし、利益に下押し圧力をかけています。

日本銀行の月曜日のデータによると、日本の卸売価格は5月に5.1%上昇した後、6月に前年比5.0%上昇し、2008年9月以来の急上昇となった。

しかし、何年にもわたって印刷がインフレを目標の2%まで引き上げることができなかったため、ヘッドラインインフレの上昇は日銀がいつでも大規模な金融刺激策を経験することを妨げることはありません。

企業調査によると、ノンバンクのほぼ3分の1が、日銀の低金利政策の恩恵を受けています。

日銀が現在の緩和をどのくらいの期間維持すべきかを尋ねられたとき、わずか6%が即時終了すべきであると述べ、残りは分割され、39%は1〜2年の継続を求め、26%は3〜4年続くと予想しています29 %2%インフレが満たされるまで滞在したい。

「インフレ目標を達成する可能性はない」と電気機械メーカーのマネージャーは調査で書いた。 「市場政策に反することの副作用は利益を上回ります。」

(梶本哲史による報告、クリストファー・クッシングによる編集)

(C)Copyright Thomson Reuters2021。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

READ  東南アジアのデルタ波が日本に外国人の奪還を迫っている