5月 18, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本企業は再教育を優先

日本企業は再教育を優先

ジョブベースの雇用へのシフトは、企業が必要なスキルを特定するのに役立ち、従業員にキャリアアップの機会を提供します。

日本では、企業が会員制からジョブ型の雇用に移行するにつれて、従業員の再教育の重要性がますます強調されています。

メンバーシップ型の雇用は、従業員が定年まで組織に残り、特定の職務スキルのトレーニングを受けることを含みますが、ジョブベースの雇用は、仕事の期待と必要なスキルの概要を説明します. ジョブベースのシステムへの移行は、スキルの習得を通じてキャリアアップの機会を提供することにより、必要なスキルと労働力を特定することにより、組織に利益をもたらします。

たとえば、富士通と日立では、従業員の再教育の促進、元ボランティアのスキル開発とキャリア計画の機会の開発、スマートフォン コースの提供、管理職のスキルベースの指名制度の実施を行っています。 後者はAIが従業員の関心に応じて適切な研修プログラムを選択するもので、副業を解禁し、異動希望の選択肢を拡大しています。

読む: 日本は 2040 年までに労働需要を満たすために労働者不足に直面しています

これらの努力にもかかわらず、求人情報プロバイダー Mynawi の調査によると、フルタイムの従業員 800 人のうち、リストラの結果として給与が増加したのは約 10% に過ぎませんでした。 転職サイト「マイナビ」編集長の沖田康夫氏は、企業は従業員の昇給や昇進をどのように評価しているかを積極的に開示するよう提案した。

政府は、従業員の再学習を奨励する企業を支援することで労働流動性の向上を目指していますが、従業員は、移動中に解雇される可能性があることをますます懸念しています。 2022 年 3 月、富士通は、従業員の収益を改善する取り組みの一環として、約 3,000 人の従業員に買収パッケージを提供しました。 日本労働組合総連合会の吉野智子会長は、労働収入は自発的な努力に基づくべきであると述べ、そのような動きに対して警告している. ジャパンタイムズ。

READ  オリンピック-北京オリンピックでは、抱擁は推奨されませんが、コンドームは利用可能です