2月 23, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本企業は代替水産加工品としてベトナムに注目

日本企業は代替水産加工品としてベトナムに注目

中国が日本産水産物の輸入凍結を続ける中、日本企業はホタテ貝などの代替加工拠点としてベトナムを訪問している。

北海道、宮城県などの水産加工・商社12社の関係者が月曜日、首都ハノイで開かれた商談会に出席した。

その後、参加者は地元の加工施設を訪問しました。 メーカーは日本の代表者に自社の機器と機能を紹介しました。

ホタテ貝は最終消費国、主に米国に輸出される前に中国で投棄される。 中国政府が昨年8月から日本産水産物の輸入を停止して以来、日本企業にとって中国で代替加工拠点を見つけることが急務となっている。

日本側代表の一人、北海道の水産加工会社社長、長谷川博之氏は、さまざまな基準を満たすパートナーを選びたいと述べた。

イベント主催者の日本貿易振興機構(ジェトロ)は、ビジネスパートナーが一国に集中すればリスクは避けられないため、日本企業はサプライチェーンを多様化する必要があると述べた。

READ  日本の著名なアメリカ人が考案したランナー:2022年5月29日