10月 21, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本企業は、2022年度に経済がCOVID以前のレベルに回復するのを見ています。

田中哲司

東京(ロイター)-ロイターの世論調査によると、世界第3位の経済大国は2022年度にエピデミック前の状況から回復する見通しであり、多くの人が来年かそこらに直面すると予想している。

企業調査の結果は、国内総生産(GDP)が今年後半に政府以前の水準に戻るという政府の楽観的な見積もりに反して、日本社の経済に対する慎重な見方を強調した。

先週の改訂された政府データは、堅調な設備投資を背景に日本経済が4月から6月に1.9%成長したことを示したが、エコノミストは、流行の復活が今後の四半期に回復の勢いを引くと予測している。

「変化とルネッサンスの悪循環が再発している」と、陶器メーカーのマネージャーは匿名で調査に書いた。 「感染を完全に制御するには時間がかかります。」

マネージャーは、経済は2024年度にCOVID以前のレベルに戻ると述べた。

企業調査では、2022年度までに経済がエピデミック前のレベルに戻ると予測しています。

経済のエピデミック前の段階への復帰の約16%は、2024年以降に発生します。

ニッキリサーチは、9月1日から10日までの大中規模の非金融日本企業500社の世論調査を実施しました。 約260社が調査に回答しました。

調査では、日本企業の4分の3がエピデミックの悪影響を受けており、11%がプラスの影響を受けていると述べています。 マイナスの影響の60%近くが2022年度までに解消すると言われています。 約21%が今年度はその影響がなくなり、残りは2022年度以降になくなると回答した。

見通しをさらに曖昧にするために、日本企業の半数が世界的なチップ不足に苦しんでいると述べ、10社中6社が来年度に解決すると述べた。

20%は、2021年度のチップ不足により、リリースおよび販売計画の下方修正が行われる場合と行われない場合があると述べました。

「これにより、東南アジアに広がる感染とロックエリアのサプライチェーンが減少しました」と機械メーカーのマネージャーは書いています。 「マレーシアでのロックはチップ不足の要因でした」と輸送機器メーカーのマネージャーは書いています。

エピデミック後の経済でどのような行動に焦点を当てるかを尋ねられたとき、いくつかの企業は、デジタルトランスフォーメーションと脱炭素化だけでなく、ライフスタイルと消費者行動の変化を挙げました。

(田中哲司による報告、スティーブン・コーツによる編集)

READ  オリンピックのロックアウトの最中に日本でウガンダの重量挙げが行方不明