5月 19, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本企業は、石炭から水素へのタンカーパイロットプロジェクトが可能であると言います

日本の川崎重工業によって建設された世界初の水素運搬船、すいそフロンティアは、2022年1月20日、日本の神戸からオーストラリアのビクトリア州ヘイスティングス港に向けて航海したときに撮影されました。 HySTRA / REUTERSによるありがとうマニュアル

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

東京、3月8日(ロイター)-川崎重工業(KHI)と他の日本企業は火曜日に、世界初の液化水素タンカーでオーストラリアの褐炭から日本に水素を輸送するパイロットプロジェクトが実行可能であることが証明されたと述べた。

水素は炭素排出量ゼロの未来の燃料として広く宣伝されていますが、「グリーン水素」を生成するには再生可能エネルギーの投入が必要です。 批評家は、褐炭からの水素の排出量は天然ガスの2倍以上であると言います。

KHIが主導する5億ドル(3億6400万ドル)のプロジェクト (7012.D) 二酸化炭素排出量の削減に向けた日本政府とオーストラリア政府の支援を受けて、最初の出荷は1年前に最初に出荷されましたが、COVID-19の流行により遅れました。 続きを読む

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

電源開発(J-Power) (9513.D)このプロジェクトは、CO2排出量を相殺するためにバイオマスと石炭を使用してテストされている水素の生産を担当し、将来のCO2で炭素回収利用と貯留(CCUS)を完全に水素フリーにすることを目指します。

連邦は、KHIが建造したスイソフロンティアタンカーが今年1月25日にオーストラリアを出発し、1か月後に神戸に到着したと述べた。

「生産と輸送から積み込みと貯蔵までのデモンストレーションは、液化天然ガス(LNG)のようなエネルギー源としての水素の将来の使用のための技術的基盤が築かれたことを示した」とKHIの幹部である西村元彦は記者団に語った。 。

KHIは、石炭、ガス、石油に依存する産業を脱炭素化し、2050年までに正味ゼロ排出量を達成するために日本が重要と見なしている水素を使用する大手LNGタンカーメーカーとしての成功を反映することを目指しています。 燃料輸出業者。 続きを読む

「安全に操作できる設備と設備は、クリーンエネルギー事業にとって画期的な技術です」とKHIの西村氏は述べています。

KHIとJ-Powerに加えて、コンソーシアムにはシェルが含まれています (シェル) 日本ユニット、岩谷産業、丸紅、ENEOSホールディングス (5020.D) そしてカワサキキッチンカイシャ (9107.D)

株主は、プロジェクトのコスト構造を明らかにしなかった。これは、実現可能性と安全性を実証することを目的としていると彼らは述べた。 KHIは、2020年代半ばに最大の水素容器を作成し、2030年代初頭に事業を商業化することを目指しています。

($ 1 = 1.3727オーストラリアドル)

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

大林組による報告; アレクサンダースミスによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  米国、日本、韓国は北朝鮮のミサイル実験後の「緊急」対話を呼びかけた