8月 19, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本人は東京の熱波の真っ只中にエネルギーを節約するために電気を消すように私たちに言いました| 日本

日本政府は、首都圏の何百万人もの人々に、雨季に先立って6月の気温を記録する資本戦争のため、エネルギーを節約するか、電力削減に直面するよう警告しています。

気象庁によると、この都市の気温は1日を通して35度(95度)と予測されており、1週間を通して同様に異常気象が発生しました。

磯崎義彦副首相は記者団に対し、「埋蔵量が減少する夜には、エネルギー消費量を削減するよう国民に要請する」と述べた。

磯崎氏は、家庭や企業に未使用の照明を消し、エアコンの使用を制限するようにアドバイスしたが、人々は熱の影響から保護されるべきだと述べた。

経済産業省によると、東京電力は地域の人々にサービスを提供する [Tepco] 特に需要が午後遅くと夕方にピークに達するときは、エネルギーを蓄える必要があります。 当時、東京とその周辺の予備生産能力は3.7%に低下するリスクがありました。 3%未満では、電力不足と停電が発生します。

同省の電力供給政策責任者である大川要氏は、日曜日の気温が予想よりも高かったため、電力需要は予想よりも高かったと述べた。 「今シーズンは猛暑に見舞われた」と大川は語った。 「協力して、できるだけ多くのエネルギーを節約してください。」

日本のほとんどの地域では、一般的に雨季の真ん中で不快な気温は低くなります。 しかし月曜日に、代理店は東京を含むコンドミニアム地域でシーズンが終わったと発表しました-登録の開始日。

レコードは1951年に始まり、通常より22日早くシーズンを終了します。

無料の日刊ニュースレターの初版にサインアップしてください-毎週午前7時にBST

過去数日間、暑さが国の他の地域を襲っています。 日曜日、東京北部の​​クンマ州にあるイゼキ市は、6月の最高気温40.2度を記録しました。

ミネソタ州の親藩紙によると、熱中症に苦しむ250人以上が週末に首都の病院に運ばれました。

気象庁は声明のなかで、「梅雨が明けるとすぐに、多くの人がまだ暑さに完全に慣れておらず、熱射病の危険にさらされている」と述べた。

東京では月曜日に多くの人がマスクを着用していましたが、当局は熱射病を防ぐために外出時にマスクを外すように人々に勧めています。

街を訪れたナルス麻子さんは、初夏にこんなにひどい暑さを経験したことは一度もないと語った。 「私は日本北部から来たので、この気温は非常に強いようです」と彼は言いました。

READ  日本の中小企業への投資が報われる理由