9月 19, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本人の友人がミャンマーで映画製作者の釈放を求める

6歳から日本に住んでいるミャンマーの映画製作者は、2月の軍事クーデターの後、故郷で政治犯として拘留されました。

日本の彼の友人は、彼の映画の1つの上映を含む彼の窮状についての意識を高めるために、本名がディーンダンである日本の永住者であるマンディーンダンの解放を確実にする方法を考え出そうとしています。

ヤンゴンの仁川刑務所で、ダンという名で友人たちと交わる37歳の映画製作者が拘束されている。

ダンの友人でジャーナリストの北住有希氏らは、ダンが4月に逮捕され、木田住に映像を販売したとしてクーデター反対運動を支援するために2,000ドル(219,000円)を使用したとして告発されたと述べた。

4月から約1ヶ月間ミャンマー軍に拘束されているキツミ氏は、ドンから映像を受け取ったり、支払いをしたりしていないと語った。

ダンは父親の仕事上の理由で日本に移住し、茨城県の小学校に通いました。

高校卒業後、神奈川県の日本映画アカデミー(JAMI)に入学し、映画監督などのスキルを学びました。

たとえば、彼は映画の仕事の助監督として働いていました。

ジェイミーは、現在の日本映画大学白山キャンパス校(ジミー)の単科大学のパイオニアです。

ダンは2018年に日本とミャンマーの間を行き来して、彼のビデオや映画に取り組み始めました。 彼はヤンゴンに自分の会社を設立しました。

昨年、彼はミャンマーなどの映画祭で賞を受賞した短編映画を完成させました。

クーデターは2月に来ました。

ダンは反軍事的抗議の場面を撮影した。 彼は若い抗議者たちと友好的だったという理由もあり、軍事的弾圧の標的にされたと考えられています。

4月17日、兵士と警察官が日本人将校が住むヤンゴンのアパートを襲撃し、彼らを外交官の家に押し込んだ。 情報筋によると、選手たちはダンを探していたという。

同日、ドン・ヤンゴンがホテルで逮捕された、と情報筋は語った。

翌日逮捕された北澄は、5月にドンと再会した。

ダンは元気そうに見えたが、軍事施設で偽のフォームに署名するように拷問されたとキッタスミに語った。

裁判にかけられているドンは、最大3年の懲役に直面する可能性があります。

日本の外務省当局者は、彼らが事件を知っていて、ダンを含む囚人を解放するようにミャンマー軍に呼びかけていると言いました。

彼によって書かれ、監督された2006年の卒業映画は、7月24日にジミーで初演されました。 イベントには、ジミーの役員や学生、ジェイミーのダンの同時代人を含む約70人が参加しました。

「アイン」はビルマ語で「家」を意味します。 ミャンマーから家族と一緒に来日した少年は、日本社会への適応に苦労しています。 この映画は、彼のさまざまな大人との交流を示しています。

上映後のセミナーで、ダンの作品を監督したジミーのリーダー、デンガン大輔は、ダンが自分の話を書きたいと言ったと語った。

「彼は私が彼のことを気にかけていることを知る必要がある」とデンガンは言った。

キッタスミもパネリストとしてシンポジウムに出席し、「ダンはもうすぐ解放されるはずだ。ダンについてもっと学ぶことから(私の努力を)始めたい」と語った。

上映会に出席したダンの同時代人、稲垣正博さん(42)は、どうしたらいいのだろうと語った。

「私は他の同時代の人々に今日の出来事について話します」と彼は言いました。

日本の取締役ギルドは、7月21日にチャイ大統領の名で発表された声明の中で、ダンの即時釈放を求めた。

READ  強い輸出日本の経常黒字は1月から6月に増加する