4月 14, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本人にとっての北海道の番。 オーク樽で熟成

日本人にとっての北海道の番。 オーク樽で熟成

札幌–北海道を拠点とするビール醸造所は、日本国民に共通のブランドを作ろうという呼びかけに結集し、国産オーク樽で製品を熟成させることでさらに一歩進んでいる。

両社は専門知識を結集して、北の漢字と日本最北の本島へのオマージュを込めた「Kitasake」というユニークなブランドを誕生させました。

日本酒は通常、樫樽で熟成させません。 しかし、そうすることでライスワインに独特のスモーキーな風味と香りが生まれると生産者らは言う。

しかし、真の希少価値は、樫の木100本中1~2本しか樽に加工できないという事実にあります。 樹木の高さは少なくとも4メートル以上で、ねじれや傷があってはいけないからだ。

キダセク計画は、新型コロナウイルス感染症のパンデミック発生直後の2020年3月に初めて提案された。

「サピナ」ブランド名で自然派化粧品をオンラインで販売する札幌に本拠を置くソワン・ド・ボーテは、北海道中のビール醸造所に対し、この運動に参加し、悪い状況を乗り越えるよう呼び掛けている。

これまで小樽の田中酒造、増毛の国稀酒造。 そして旭川の高砂酒造株式会社。 他の人も電話に応じることを検討しています。

「キダセケ」は720ml入りで税抜き3万円(200ドル)で販売される。

札幌市中心部の化粧品メーカー本社ビル内にあるサビナプレミアムストアとオンラインストアで購入できる。

同社は2022年に初めてキダセク製品を中国に輸出し、現在は米国市場に照準を合わせている。

ソワン・ド・ボーテの西村純一社長は「長い歴史を持つ北海道の地酒の素晴らしさを国内外の多くの人に伝え、その価値の向上に貢献したい」と話す。

READ  コモディティにリンクされた通貨は、石油価格の上昇から恩恵を受けます