9月 26, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本中国は排出量を満たすために再生可能エネルギーを増やすために進歩している東京EU日本

水曜日に発表された新エネルギー計画の草案によると、日本は今後10年間で再生可能エネルギーの使用を大幅に増やし、化石燃料の消費を削減し、野心的な排出削減目標の達成を推進することを目指しています。

しかし、草案は原子力発電の現在の目標を維持しており、当局は2011年の福島第一原子力発電所の災害と戦った原子力発電所をどうするかについて未定である。

経済産業省のエネルギー計画案では、2030年までの再生可能エネルギーは36〜38%であり、現在の目標は22〜24%であり、水素やアンモニアなどの新たに導入された燃料は1%であるとされています。 。 新しい計画では、化石燃料の消費量を56%から41%削減します。

政府は数年ごとに基本的なエネルギープログラムを更新しています。 この草案は、内閣の承認が見込まれています。

これらの変更は、4月に発表された炭素排出削減目標に沿ったものです。 菅義偉首相は、2050年までにカーボンニュートラルを達成するために、日本が排出量を2012年レベルから46%削減することを約束した。

彼は、日本は炭素排出量を50%削減しようとし、EUは2060年までに炭素を中和することを約束すると述べた。

原子力の目標は20〜22%で変わらない。 日本は原子力への依存を可能な限り減らすことを目指していますが、草案はそれが重要なエネルギー源になると述べています。

日本はまた、プルトニウム埋蔵量の安全性に対する国際的な懸念にもかかわらず、モンタンプルトニウム燃焼炉の故障にもかかわらず、使用済み核燃料をプルトニウムに変換する核燃料リサイクルサイクルを継続することを計画している。

2050年の非排出目標は、大幅な変更と原子力発電所の再開の即時の要請を必要とするでしょう。 2011年の福島第一原発事故後、日本の化石燃料の信頼性低下の進展は、原子力施設の長期化によって妨げられました。

一般市民の間には反核感情が根強く残っているため、核の目標を達成することは難しいでしょう。

日本の54基の稼働中の原子炉のうち24基は、福島の厳しい基準の下で必要な安全対策を追加するために多額の費用を費やすのではなく、古い原子炉を処分することを選択したため、福島の災害から解雇されるように依頼されました。 現在、9つの原子炉がオンラインになっています。

一部の業界関係者や原発推進議員からの同様の呼びかけにもかかわらず、草案は新しい原子炉の可能性について言及していませんでした。

READ  東京オリンピック2020:準々決勝で日本がサウンドホワイトをノックダウンした場合のペナルティ