12月 6, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本チームは老化した後部細胞を取り除くワクチンを開発しています

学会


東京、12月 12(Gigi Press)-日本のチームは、老年期に蓄積して近くの細胞に損傷を与え、アテローム性動脈硬化症などの加齢性疾患を引き起こす「ゾンビ」細胞を除去するワクチンを開発したと主張しています。

ジュンデント大学のミナミノドル教授を含むチームは、ワクチン接種されたラットがゾンビ細胞または臨床的に成熟した細胞および動脈硬化の影響を受けた領域が減少したことを示しました。

「アテローム性動脈硬化症、糖尿病、その他の加齢性疾患の治療(ワクチン)に使用されることが期待できる」と南野氏は述べた。

チームの研究結果は、金曜日にNatureAging誌のオンライン版に掲載されました。

Sensentは、分裂を停止したが死なない細胞を指します。 それらは炎症を引き起こす化学物質を放出することによって近くの健康な細胞に損傷を与えます。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

ジジプレス

READ  日本人でありコンサルタントである私は、東京オリンピックがなぜこんなに惨事になったのかを知っています。