7月 24, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本チームは天笠、楢崎、安楽とともにボルダーステージを席巻

日本チームは天笠、楢崎、安楽とともにボルダーステージを席巻

完全な日本語プラットフォームが完成。 楢崎メイチはインスブルックで2大会連続の銀メダルを獲得し、3トップ、3ゾーンでラウンドを終えた。

チームジャパンの4番目のファイナリストである萱谷律は、ファーストなし、ゾーン3つで6位に終わった。

フューチャー・パリ2024オリンピック選手のイギリスのトビー・ロバーツと、初の決勝進出者であるドイツのエリアス・アリアガタ・クルーガーは4位と5位となった。 2トップと2ゾーンのロバーツ、1トップと3ゾーンのアリアガタ・クルーガー。

男子ボルダー決勝戦はこちら。

インスブルックでのイベントからの引用集をご覧になるには、ここをクリックしてください。

日本代表チームが男子ボルダーの表彰台を独占したのはこれで3度目となる。初めてそれが起こったのは2021年、やはりインスブルックで、岡田義幸、楢崎智亜、藤心はそれぞれ金、銀、銅を獲得した。 翌シーズン、韓国のソウル大会では富士が金メダル、楢崎が銀メダル、オカダが銅メダルを獲得した。

IFSC ワールドカップ インスブルック 2024 は明日もリード予選が 9:00 (UTC+2:00) に始まり、リード準決勝が 19:00 に始まります。

イベントに関するニュースと最新情報は、IFSC Web サイトおよび連盟のデジタル チャネルで入手できます。 フェイスブックインスタグラムバツチクタクリンクトインそして中国の視聴者限定で、Douyin et 微博

READ  レアル・マドリード財団のバスケットボールクリニックが日本で成功