11月 29, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本グループ2020年5月が最新の景気循環


ファイル画像:東京都心2015年12月8日、東京都心のビジネス街の通りを横切るビジネスマンが見上げる。 日本経済は第3四半期に景気後退に陥り、政策立案者に希望を与えています。 ロイター/トーマス・ピーター

東京(ロイター)-日本の景気循環の山と谷を決定するために働いている日本のエコノミストのパネルは、COVID-19の流行がほぼ3年の景気後退に終止符を打ったと言いました。

火曜日に政府が任命した委員会は、最近の不況で一時的に経済を終わらせ、2020年5月に急成長し、初期のコロナウイルス対策が家庭や企業に打撃を与えました。

健康危機のショックは、ほとんどの指標がもはや低くならないところまで下がっていたため、技術的に不況の終わりを示しました。チームはそれをうつ病と定義しました。

緊急制裁の中で内閣府が招集する委員会の委員長を務める吉川洋学長は、「2020年5月は景気低迷の始まりであり、消費など多くの経済指標が下落した」と述べた。

全米経済研究所の景気循環デート委員会と同様に、委員会は、工業生産、輸出、小売販売、雇用可能性などの10の経済指標の変化に基づいて、公式の景気循環のタイムラインについて話し合います。

7月、米国経済は2020年4月に最低水準に達し、2か月で最短の景気後退を記録したと発表しました。

昨年、日本の委員会は、日本経済が2018年10月に前回のピークに達したと暫定的に発表しました。このとき、当時の米中貿易戦争は71か月の拡大を破り、2番目に長い記録となりました。

火曜日の発表で、グループは、前回の不況が昨年5月まで19ヶ月続き、日本の景気回復が続いたと述べた。

吉川首相は、委員会会議後、政府の数字を参考に、「景気循環のピークとタンクは機械的に定義されている」と述べ、「日本経済のパフォーマンスは別問題だ」と述べ、第1四半期と第3四半期の景気後退を挙げた。年。

ロイターの世論調査によると、規制緩和の中で住宅支出が増加すると予想されているロイターの世論調査によると、世界第3位の経済は今年7月から9月の予想より3.0%縮小した後、前年比5.1%の成長が見込まれている。

(CantoroGomiaによる報告; Jacqueline Wong編集)

(C)特許トムソンロイター2021。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

READ  米国の利回りが低下するにつれて、エクイティの上昇、プラスの収益がシーズンギアで始まる