9月 19, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本への旅行:流行の間にオリンピックを引っ張る国のユニークな見方

何度も、私の旅は私を物語に連れて行ってくれます。 今回は、旅の物語。

私たちの世界が突然変わって以来、飛行機に乗るのはこれが初めてであり、私たちは人生が本当にどれほど脆弱であるかを学びました。 私たちは、デルタの変動が世界中で猛威を振るっているときにオリンピックを主催するのが難しい場所にいる日本に行きました。

飛行機に乗るには、陰性のCOVID検査を行う必要があり、着陸するとすぐに再検査されます。 空港では、インタビューを受け、繰り返し、いくつかのフォームに記入し、電話に追跡アプリケーションを配置しました。 解放するのに約4時間かかりました、そして私たちは空の空港にいました。

私たちはホテルの部屋に隔離されました。 私の写真家ディランは彼の部屋をズームインタビュー用のスタジオに変え、私の写真家は朝食、昼食、夕食に使用されました。 1日1回を除いて1日のサービスが許可され、病院に運ばれて公的検査を受けました。 1日に数回、場所を確認するために電話またはテキストメッセージが送信されました。

数字を教えてくれる日本のCOVID専門書記の下蔵誠さんに話を聞いた。 7月の第1週の日本の感染率は、10万人あたり8人で、危機的状況でした。

興味深いことに、米国は同時に3倍悪化しましたが、日本が非常事態を宣言している間、私たちはマスクなしでフル稼働して祝いました。 さらに注目すべきは、人口がはるかに多いにもかかわらず、死亡率が日本より16倍高いことです。

私を驚かせるのは、彼らが「私的権利」のためにロックを注文しないことです。 彼らは単に市民に規則に従うように頼みます-彼らはそうします。 ここでは、COVIDは政治的な動機ではありません。 リーダーは信頼できます。 ルールは尊重され、災害は回避されます。

ワクチンは日本の最大の障害です。 供給供給の問題は当初、国を悩ませていました。 私の訪問中、人口の13パーセントだけが予防接種を受けました。 しかし、今は速く動いています。

予防接種の責任者である河野太郎大臣は、「1.2から1.4の線量が至る所で起こっているので、誰もが予想したよりもはるかに速い」と述べた。
河野氏は日本の予防接種プログラムを担当しており、秋については楽観的です。

「それまでにCOVID-19に対処する必要があり、経済を再開できると思う」と彼は述べた。

すぐには来ないかもしれません。 久米由美は、オリンピック建築家の隈研吾の作品を探検するなど、ツアーを専門とするタクシー事業を営んでいます。 彼のビジネスは爆発的に拡大しましたが、COVIDはすべてを変えました。

「まったく違う。忙しいので、普段は床も見えない。でも、今日はすごい空っぽで、すごく心配だ」と久米さん。

浅草寺は店主や観光客でにぎわっていますが、今では何世代にもわたって営業してきた商店は閉店しています。

日本はアメリカと同じくらい苦しんでいます。 そのため、ここの多くの人々はオリンピックを嫌っています。 彼らが望んでいるのは、この夢を実現することだけです。

Copyright©2021KABC-TV。 全著作権所有。

READ  日本は年末までに第3回政府ワクチンの投与を開始する可能性があります