5月 24, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本はIEA主導の操業の一環として私有地から600万バレルの石油を放出する

日本の産業省は金曜日、東京の原油価格を落ち着かせるための国際エネルギー機関(IEA)の共同発足の第2ラウンドへの貢献の一環として、私有の埋蔵量から600万バレルの石油を放出すると発表した。

日本は4月16日から10月8日まで、国内消費量約3日分に相当する石油を放出し、地元の製油所が民間備蓄の義務的備蓄を3日から63日削減できるようにする。

日本は今月初め、IEA主導の合弁事業の第2ラウンドの一環として、国の埋蔵量から1,500万バレルの石油を放出すると発表した。

残りの900万バレルは石油国の石油埋蔵量から解放され、使用方法や使用時期などの詳細は後日決定されると同省当局者は語った。

日本は1月末時点で約4億7000万バレルの石油埋蔵量、つまり国の埋蔵量、地元の製油所を保有する私有埋蔵量、生産国との共同原油貯蔵プログラムを含む236日間の国内消費を持っていた。

今月初め、IEA諸国は、3月末にワシントンが発表した1億8000万バレルの解放をめぐってロシアがウクライナに侵攻した後の価格を下げることを目的として、6000万バレルの石油を貯蔵から取り除くことに合意した。

(大林組レポート、キルステン・ドノヴァン編集)

READ  日本は4月2日からさらに4つのロシアの銀行の資産を凍結します