5月 25, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本はASEANの脱炭素化を支援するための資金提供を約束

日本はASEANの脱炭素化を支援するための資金提供を約束

[東京 4日 ロイター] – 日本は4日、経済の脱炭素化と気候変動との闘いを加速させるため、ASEAN諸国への財政的・技術的支援を約束した。

エネルギー不足の日本は、石炭や石油などの従来の汚染化石燃料への依存を減らすために、世界をリードする水素経済になることを望んでいます。

今年の G7 議長国として、日本は 5 月 19~21 日に広島で開催される G7 サミットに先立ち、4 月 15~16 日に札幌で気候、エネルギー、環境に関する閣僚会議を主催します。 これを実エネルギー変換と呼びます。

「日本は、アジアの脱炭素化を支援するために、財政的、技術的、人的資源において寛大な支援を提供することを率先して行う」と、西村泰俊産業大臣は、アジア・ゼロ・エミッション共同体(AZEC)の第1回閣僚会議で語った。

AZECは、アジア諸国の脱炭素化推進の理念を共有し、連携してエネルギー転換を進めることを目的として、昨年、岸田文夫首相が提唱したものです。

最新のアップデート

あと2話見る

いくつかの ASEAN 加盟国とオーストラリアが出席した会議で、西村氏は、再生可能エネルギー、天然ガス、水素、アンモニアなどの分野が協力を推進していると述べた。

共同声明の中で、AZEC はグループに対し、脱炭素化インフラストラクチャーとクリーン エネルギー サプライ チェーンを構築するための投資を財政的に支援するよう求めました。

報告書も西村も、考えられる費用の金額を提供しませんでした。

「多くの国が日本の支援に関心を示しているので、技術、金融、民間部門への投資、人材育成などを含む支援で強力なリーダーシップを発揮したい」と西村氏はブリーフィングで語った。

彼は、次のステップとして、オーストラリア、ブルネイ、カンボジア、インドネシア、日本、ラオス、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムの AZEC メンバーが、アジアにおける水素とアンモニアのマスタープランを策定すると付け加えた。

AZEC の下での最初の具体的なステップとして、岩谷産業 (8088.T) と電力開発 (9513.T) を含む日本企業は、オーストラリアのビクトリア州と工業都市である川崎市の間に日本初の水素サプライチェーンを共同で構築することに合意した。 東京の近くで、西村氏は、よりクリーンな社会へのエネルギー転換を進めると述べた。

日本は今年の G7 議長国として、ガス、液化天然ガス、水素、アンモニアへの投資の重要性を強調するが、2050 年のカーボン ニュートラル目標を達成するためにクリーンな状態を維持すると、ある情報筋は今週語った。

大林由佳とKatya Golubkovaによるレポート。 ヒマニ・サーカーとウィリアム・マラードによる編集

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  日本では多くの人に知られていませんが、18歳と19歳の喫煙はまだ禁止されています