7月 21, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は2035年までに温室効果ガス排出量を60%削減することを約束している

日本は、温室効果ガス(GHG)排出量削減のニーズの高まりに応えるため、エネルギー政策の徹底的な見直しに着手した。 この取り組みの一環として、政府は 2035 年までに GHG 排出量を 60% 削減することを目指しており、これは COP28 で設定された気候目標の達成に向けた重要な一歩です。 この改正は化石燃料に依存しているとされる同国にとって決定的な転換点となる。

発展中の戦略計画

2023年5月、日本は新たなエネルギー戦略計画の策定に向けた一連の議論を開始し、2024~2025年度末までに完成する予定である。 このプロジェクトは国家エネルギー政策の柱であり、エネルギー安全保障を強化し、脱炭素化を加速するために不可欠である。 斉藤健経済産業大臣は、ウクライナ戦争や中東の緊張によって増大した地政学的不安定とエネルギー供給リスクを特徴とする地球環境におけるこのプロジェクトの重要性を強調した。

柔軟なエネルギー転換に向けて

エネルギー戦略計画の改訂は、2035 年に向けた新たな国家決定拠出金 (NDC) を策定する必要性と一致しています。 岸田文雄首相率いる政府は、国内のエネルギーインフラの柔軟性に焦点を当てている。 岸田氏は5月の「GX2040ビジョン」作業部会の会合で、エネルギー分野の予期せぬ変化に適応する柔軟なアプローチの重要性を強調した。

目的と課題

第6次エネルギー基本計画によると、日本の現在の目標は、2030~2031年度までに電力構成に占める非化石エネルギー源の割合を約60%に高めることだ。 再生可能エネルギーを 36 ~ 38%、原子力を 20 ~ 22%、水素/アンモニアを 1% とする必要があります。 しかし、この低炭素エネルギーへの移行は、特に技術と供給の持続可能性の点で、かなりの課題を突きつけています。

業界への影響

エネルギー戦略計画の改訂は、業界団体によって綿密に精査されており、業界団体はこれを投資とエネルギー調達の決定の指針と考えています。 政府が期待する柔軟性により、市場変動や技術進歩へのよりダイナミックな適応が可能となり、世界的な不確実性に直面した日本のエネルギー部門の回復力が強化される。 日本のエネルギー政策の見直しと2040年に向けた新たな戦略ビジョンの策定は、気候変動との闘いにおいて主導的な役割を果たすという日本の決意を示している。 この移行は複雑で困難を伴いますが、日本の安定した安全なエネルギーの未来を保証するために必要です。

READ  目的の目:日本の女子サッカー