9月 26, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は2030年までに40%の新しいクリーンエネルギー目標を設定します

日本政府が本日発表した新しい基本エネルギー計画の草案によると、日本はクリーンエネルギー消費量を2030年までに40%近くまで増やすことを目指しています。 国はまた、化石燃料の使用を減らすことを計画しています。

日本政府は2年ごとにエネルギープログラムを更新しています。 それは10月に方針を最終決定するでしょう。

最新の基本エネルギー計画では、2030年までに、クリーンエネルギーが総発電量の36〜38%を占めると予測しています。 これは、以前の目標である22〜24%からのインセンティブです。 核目標は前回の計画から20〜22%変更されておらず、水素やアンモニアなどの新しい燃料の目標は1%です。

化石燃料の使用量は、2030年までに56%から41%削減されると予測されています。

比較すると、2019年の日本のエネルギー内訳は、クリーンエネルギーで18%、化石燃料で76%、原子力エネルギーで6%でした。

AP通信 指摘している

2050年の非排出目標は、大幅な変更と原子力発電所の再開の即時の要請を必要とするでしょう。 2011年の福島第一原発事故後、日本の化石燃料の信頼性低下の進展は、原子力施設の長期化によって妨げられました。

一般市民の間には反核感情が根強く残っているため、核の目標を達成することは難しいでしょう。

グリーンピースは、ネットゼロを達成するという国の野心的な計画は十分に野心的ではないことを日本が認識したと述べた。 グリーンピースジャパンのプロジェクトディレクター、高田久代氏は声明で述べた。 [via Agence France Presse]:

基本エネルギー計画の改訂は、2050年までにネットゼロを達成するという日本の政治的意思を証明する上で重要なポイントです。

しかし、摂氏1.5度の目標を達成するには不十分であるため、計画案は期待外れです。

日本の菅義偉首相は4月、排出量を2012年の水準から46%削減するという目標を設定し、以前の目標であった26%から引き上げました。 2050年までにネットゼロ

続きを読む:

写真: 「日没時のソーラーパネル」 が発行 kaeru.my の下でライセンス CC BY 2.0

FTC:収益を生み出す自動接続を使用しています。 さらに。


独占ビデオのためにYouTubeでElectrekを購読する そして購読する ウェブライト

READ  日本人でありコンサルタントである私は、東京オリンピックがなぜこんなに惨事になったのかを知っています。